TES4-輝輪酸紀行

PCゲーム「oblivion」のRP小説とMOD解説感想などなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【プレイ日記75】 開戦 【Defense of Bruma #6】

「既にゲートが開いてますね」

「あれがグレート・ゲートか?」

「いえ、グレート・ゲートを展開するには先に3つのオブリビオン・ゲートを開き、
それを媒介にする必要があるそうです」

「じゃああれがその3つのウチの一つか?それにしたって…」






75-01

「…でかいな」

「あれも、普通のゲートより強力なのは間違いないかと」

「だろうな、大軍とはいえ所詮寄せ集めの連合軍、ここに来てビビって逃げ出す奴がいなきゃいいが」



事実、連合軍の中にはその威容に飲まれ、浮き足立っている者も少なからずいる様だった。
無理もない。
先帝の統治が平和なものであっただけに、シロディールの軍隊には実戦経験がない。
盗賊やモンスターの討伐が関の山だろう。

この戦いで何人が死ぬだろうか…。

この場にいる誰もが不安や恐怖と戦いながら開戦の号令を待つ中、
マーティンが全軍に向かって声を上げた。






75-02

「シロディールの兵士たちよ!帝国の存亡は今日この時、
我々の挙止によって決まる!」






75-03

「デイドラがクヴァッチに為した事を
ブルーマにも行うことを許してもいいのか?」






75-04

「家々が焼かれるのを?
同胞が殺されるのを?」










そこでマーティンは一呼吸置き、声高く叫んだ。









75-05

「ノーだ!
我々は戦う。今日、シロディールの全ての為に!」





マーティンの決意に打たれるかの様に、戦場を怒号にも似た歓声が埋め尽くした。
将兵たちは口々にマーティンの名を叫び、緊張と恐怖でくすんでいた目に光が戻った。





「…奮えるのう」


傍らにいたジョフリーが、ぽつりと呟きながらニヤリと笑った。




75-06

「タイバー帝からなるセプティムの血のなせる業か、の。
一瞬で兵士の気持ちを掴みなすった」






湧き上がる陣営にボーラスが駆け込んできたのはその時だった。





「伝令ッ!オブリビオン・ゲートに動きあり!
デイドラが侵攻を始めましたっ!」


「ご苦労だった、ボーラス」

「はッ!!」






マーティンは再び連合軍に向き直り、腰から愛用の短剣を引き抜き、更に気勢を上げた。




75-07

「…我が精鋭がグレート・ゲートを破壊するまで、ここを死守する。
ゲートから何が来ようとも倒さなくてはならない!

…シロディールの兵士たちよ!我と共に戦うか!」











75-08

「クヴァッチの為に!」


最初にマーティンの号令に応えたのはあのクヴァッチ兵だった。
直立不動の姿勢で抜刀し、剣を胸の前に構える。
捧げ剣―――シロディールの騎士が敬意や誓いを表す時に用いる最大級の礼意だ。
マーティンに呼応した将兵たちもまたクヴァッチ兵に倣い、次々と剣を抜き放つ音が戦場に響き渡った。















75-09

「レヤウィンの為に!」

「ブラヴィルの為に!」





75-10

「アンヴィルの為に!」




75-11

「ブルーマの為に!」





75-12

「シュイディンハルの為に!」

「コロールの為に!」

「スキングラードの為に!」






75-13

「シロディールの為に!」












75-14

「シロディールの為に!」










75-15

「全軍、突撃!」
「ウォオオオオッ!!」




―――赤く染まる大地に騎士達の雄叫びが響き渡る。

全シロディールとデイドラ達との戦いが遂に今、始まった。


スポンサーサイト

テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/09/01(火) 11:57:41|
  2. RP小説-メインクエ篇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【プレイ日記76】 For The Cyrodiil 【Defense of Bruma #7】 | ホーム | 【プレイ日記74】 暁の出陣 【Defense of Bruma #5】>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/09/03(木) 08:08:28 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 非公開コメ様

ありがとうございます。ポーズMODで少し華を添えてみました。
数少ないOblivionの強制イベントシーンの中でも名場面のひとつですよね。

アメリカ産だけに演説のカッコ良さが異常すぎる。
普段は淡々としてる分、こういう場面での雄弁さが引き立ちます。


  1. 2009/09/03(木) 21:49:49 |
  2. URL |
  3. 天気輪 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirinsasidchemistry.blog47.fc2.com/tb.php/98-aa683b91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

天気輪

Author:天気輪
天気輪(てん・きりん)

PS3版をプレイ後、
PC新調を機に2009年6月から
TES4 oblivionを開始。

Twitter@Tengkiring


このサイトはリンクフリーです。

カウンター

Visit:

Now Online:

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
登場人物紹介 (4)
もくじ(RP小説) (3)
RP小説-メインクエ篇 (121)
RP小説-戦士ギルド篇 (15)
RP小説外伝-青鬼篇 (20)
RP小説外伝-しろメル篇 (11)
RP小説外伝-短篇 (2)
もくじ(自作MOD) (1)
自作MOD (20)
もくじ(その他) (1)
CS・ツール (20)
MOD紹介 (29)
他作MOD配布 (1)
Legend of Diva攻略 (5)
雑記 (53)
Fallout3/NewVegas (5)
他のゲーム (5)
戯言 (8)
事故創作 (1)
未分類 (0)

ブログ記事ランキング

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

Twitter

アンケート

無料アクセス解析

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。