TES4-輝輪酸紀行

PCゲーム「oblivion」のRP小説とMOD解説感想などなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【oblivion】予期せぬ航海3~華麗なる逆転~【プレイ日記8】

オーミル氏の部屋の鍵は憤怒が持っていた。
遂に奴らのボス、セレーネと対面だ。


「誰だいアンタは?どうやってここに来た?」

「あぁ、憤怒から鍵をもらったんだ」




08-01

ありゃ、一発でバレた。

「アッハッハ!アタシ達は誰もギャングに紛れ込まれないように鉄の掟を作っといたのさ。
 ちゃんと思い出せるぞ。その約束は…」


「…手紙を読んだら捨てることか?」

「な、なに?誰もうちらの秘密を知ることなんかできない筈なのに」


お、動揺しとる。
ここはひとつ、ゆさぶりをかけてみるか。


「お、お前には私たちがどうしてブローテッド・フロートを奪ったのかもお見通しってわけかい?!」

「あぁ、目的は黄金のガリオン船だろ?」


ズバァン!!





08-02

ピグレットの様な動揺っぷり。
こんなに驚いた人久々に見た。


だが盗賊の見栄か、なおもセレーヌは虚勢を貼ろうとする。


「だ、だが、アジトまで着いてしまえばアタシ達のもんさ!そうしたら誰もアタシたちを見つける事ができないだろうね!」

「そうかもな…ところで、ブラヴィルはいい街か?



ズババァァァン!


「ま、また?!そこまで知っているなんて・・・
あ、ああああああんたはこの下の部屋に隠れていて、ここまで登ってきたんだね。
あんたはどうやっておてんば娘や憤怒、リンチのところを通り抜けてきたんだい?」



こちらの揺さぶりにセレーヌも身の危険を感じ始めたようだ。






「マジェラ君!ここが正念場よ!」

「エキづるさん!」

「あと一息で彼女の盗賊としての矜持を突き崩すことができるわ。
相手の戦意を奪うとびっきりのチャンスよ。
ここで彼女が抵抗する気をうしなう様なとびっきりの”センタクシ”を選んで
相手に”つきつける”のよ!」

「わかりました、エキづるさん!…よし、これだ!くらえ!!




























08-03

「・・・悪党が板についてきましたね」

「これしかなかったんだよ!!」




























08-04

が、俺の裁判話術の甲斐あってか、セレーヌは降伏を求めてきた。
根は気の弱い女性だったようだ。
セレーヌは降伏の証にと俺に腰にさしていた魔法の剣を差し出した。


「どうやら、スタミナ減退の魔法がかかっている様です。斬られた相手はとても疲れます」

「渋い性能だなぁ…一応もらっておくか」

(またバックパックの肥やしになりそうだナ…)



さて、今度は宿屋の主人、オーミルさんを助けなければ。





08-05

おっちゃん、天井つきやぶりかけとるよ。









08-06

セレーヌを船倉に閉じ込めた後、俺たちは船上で再び一泊した後、ニートグラマンの操舵で
何とか帝都に戻ることができた。

俺たちが起きてきた頃にはセレーヌはオーミル氏により衛兵に引き渡されていた。
これでブラックウォーター団も年貢の納め時という訳だ。

だけど、奴らが欲しがってた黄金のガリオン船ってのは一体何だったんだ?


「あぁ、悪いがこれは全部俺のせいだと思うんだ」

「何だって?」

「最近、商売が低調でね。だから話をでっち上げたんだ。
 『前の持ち主がこの船に黄金のガリオン船を隠した。それは全て金で作られた彫像だ』ってね」

「なるほど」

「あの時はすばらしく冴えたアイデアだって、まぁ思ってたね。
 俺はこの伝説じみた話が野次馬や宝探しの冒険家を引き寄せると予想していたんだ」

「だが、余計な連中まで引き寄せてしまったと」

「あぁ、まったくだ。商売はかなりよくなったが、これは危険なアイデアだった。
ただただ、無実の人が傷つけられなかっただけでもよかったよ。
俺の手を彼らの血で染めたくはないからな

「はんにゃかお前は。」










・・・









なんかもうムチャクチャな日本語だったが、オーミル氏は俺たちにいくらかの謝礼をくれた後、
またいつでも歓迎すると俺たちを見送ってくれた。





08-07

「やれやれ、コロールに行く予定が随分道草を食っちまったな」

「仕方ないですね。夜景が綺麗だっただけでも良かったとしましょう」

「そうだな。また来るか」

「ええ」



俺達は帝都を後にし、皇帝が言い遺したジョフリーなる人物に会うためにコロール領、
ウェイノン修道院へ向かった。










08-08






以下注釈↓







●セレーヌの動揺っぷり
 このクエスト最大の見せ場。
 セレーヌは盗賊にしては割と優しい顔立ちをしており、Vanillaではそれなりの美人であるためか
 ここでの会話を読み返すために日本語化wikiを覗いたら、ボクッ子バージョンもあって吹いた。
 このゲームも凄いが、日本語化有志の翻訳スキルは異常。


●ピグレットの様な動揺っぷり。

 どどどどーしよう。


●マジェラド君!
 すんません、実は元ネタプレイした事ないですorz
 動画で見ましたが、相手の弁論を覆していく裁判後半の展開は見てて気持ちいいです。


●これしかなかったんだよ!
このクエストのプレイヤーの口の悪さは異常。


●はんにゃかお前は
何となく顔も似てなくもない。

本文もホントにこんな事言ってるんだろうか…
まぁハイエルフには変人が多いのでそうなのかもしれない。

スポンサーサイト

テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/06/19(金) 10:46:23|
  2. RP小説-メインクエ篇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【oblivion】アミュレットを届けよ【プレイ日記9】 | ホーム | 【oblivion】予期せぬ航海2【プレイ日記7】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirinsasidchemistry.blog47.fc2.com/tb.php/9-b4c73768
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

天気輪

Author:天気輪
天気輪(てん・きりん)

PS3版をプレイ後、
PC新調を機に2009年6月から
TES4 oblivionを開始。

Twitter@Tengkiring


このサイトはリンクフリーです。

カウンター

Visit:

Now Online:

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
登場人物紹介 (4)
もくじ(RP小説) (3)
RP小説-メインクエ篇 (121)
RP小説-戦士ギルド篇 (15)
RP小説外伝-青鬼篇 (20)
RP小説外伝-しろメル篇 (11)
RP小説外伝-短篇 (2)
もくじ(自作MOD) (1)
自作MOD (20)
もくじ(その他) (1)
CS・ツール (20)
MOD紹介 (29)
他作MOD配布 (1)
Legend of Diva攻略 (5)
雑記 (53)
Fallout3/NewVegas (5)
他のゲーム (5)
戯言 (8)
事故創作 (1)
未分類 (0)

ブログ記事ランキング

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

Twitter

アンケート

無料アクセス解析

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。