TES4-輝輪酸紀行

PCゲーム「oblivion」のRP小説とMOD解説感想などなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【プレイ日記59】 仕方ねぇ 【Miscarcand #5】



59-01


「おかみ、おかわり」

「今日はよく飲むね。遺跡探索はあんまり芳しくなかったのかい?」

「あぁ…」




あの後、結局俺は彼女を残して逃げる様に遺跡を出た。

…ヘタレとか言うな。

彼女がマニュアルと呼んだあの古文書の内容や、大規模なウェルキンド石で長期間
保存(あるいは封印)されていた厳重さは、彼女は外に連れ出すには危険な存在
なのではないかと思わせるのに充分だった。

訳のわからんアーティファクトに触るな。冒険者の鉄則である。
欲をかいて知らず知らずの内に禁忌に踏み込んでいた、なんてのはまっぴらだった。


だったのだが。





59-02

「…人の形してるってのは、反則だよな」


帰ってきてからその一点だけがずっと頭の中に残っていた。
…アイレイド人は悪趣味すぎると思う。

いかんいかん、ありゃ人間じゃないんじゃよ。
そう思いつつも、後ろ髪ひかれてしまう。


「…はぁ」

「なんだい、女にフラれたみたいな溜息出して」
 


換えのグラスを用意しながら、おかみが呆れた様にぼやいた。





59-03

「どっちかってーと、フッたのに失恋したみたいな気分だな…」

「どのツラ下げて色男ぶってんのさ。どうにもならなかったならさっさと忘れちまいな。
それとも心にやましい事でもあるのかい?」

「あー…そだな、たとえ話なんだが」

「男は例え話が好きだねぇ。解りやすく頼むよ」

「じゃああんまり例えないけど…」



この宿に下宿して三日目になるが、女将は馴染みが浅い人間にもズケズケと物を言う性格だった。
宿もボロだったが、その分女将はどんな種族に対しても差別しない人間だった。
オークの民族性かもしれない。


「熱烈に惚れられたけど凶状持ちかもしれないんでどうしようか迷った」

「かもしれない?どうしてさ」

「物凄い武器を持ってるかもしれないし、持ってないかもしれない」

「煮え切らないね。『かもしれない』しか無いじゃないのさ」

「リスクだと解ったら避けるのは当然だろ」

「若いのに冒険しない冒険家だねぇ、アンタ」

「悪いか?」

「…苦労してるんだろうけどサ、あんたらの悪い癖だね」



オークの女将は俺の問いに少しはにかんでから、言葉を続けた。





59-04

「『それ見たことか』ってのが怖くて諦めるのは簡単だけどね…
アンタはそれで納得してるのかい?してないだろう?」

「そうかも知れないけどさ…」

「そういう時に諦めなきゃいけないのは気持ちじゃなくて理性さ。
スッキリしたけりゃ飛び込むしかないのは仕方ない事なんだよ」

「簡単に言うなぁ…」

「あたしゃそうやってこの店はじめたんだ。伊達に女手ひとつでやってないよ」



あんたの顔と腕の太さで女手ひとつで困ることなんかないだろう、と言ってやりたかったが
流石にその言葉は呑み込んだ。


「それがオークの流儀か?」

「それでアタシの流儀だね」

「あやかりたいね」



女将の元気な言葉に苦笑しながら、俺は何となく持ち帰ってきてしまった
少女が言うところの『マニュアル』をパラパラとめくった。





59-05

其は破壊者なり。其は死神なり。

…これを書いた奴は、どんな思いであの子を作ったのだろうか。

読み進めて行く内に、俺はあの序文がこの本から酷く浮いている物の様に思えた。
後の項はあの子――MPCに関する技術的な論文やその運用方法について書かれているだけで、
序文の様な何かの警告を示唆する様な内容ではなかったからだ。

(デモンストレーションの為のハッタリ文だったのか…?)

誰かに売り込む事を目的としてたなら、ただその為だけの文章だったのかもしれない。
そんな事を考えながら読み進めていると、ふとあるページで手が止まった。

後半数十ページに渡って白紙だったからだ。


「書きかけかよ…手抜きだな」

俺は溜息をついてカウンターに肩肘をついた。
が、徒労というものは連続して起こるもので。

肘をついた表紙にカウンターに置いたボトルがぶつかって中身を本にぶちまけてしまったのだ。


「あーーっ!」


俺の大声に気付いて、女将はしかめっ面をしながらやってきた。


「あーあ、何やってんだい。拭く物出すから待ってな」

「ついでに代わりの酒も」

「追加で取るよ!」

「ケチめ!」



女将が奥に消えてったのを確認してから、俺は悪態をついた。


「あーあ、それなり資料価値もあったろうによ…」


とりあえずずぶ濡れになってしまった本を振って水気を切った。
紙に染み込んだ水分がそんな物で抜ける訳が無いのは解ってたが、つい反射的にやってしまう。

と。
その時俺は異変に気付いてもう一度本を開いた。


「こりゃ…なんて古典的な」


古代人の書物だから古典的なのは当たり前かも知れないが。
後半白紙になっていた筈のページに文字が浮かび上がっていた。
恐らく水に濡れると現れる仕組みになっていたのだ。


「…最後の種月、2日。作業開始…なんだこりゃ、日記か?」













注釈



●訳のわからんアーティファクトに触るな。

オブリの場合、実際はアーティファクト自体よりその入手過程が禁忌っぽかったりしますが。
ただ読むだけで失明する巻物とか被ると誰にも顔を覚えてもらえなくなるマスクとか
ヤバい物も沢山あるのであながち間違いでもないですが。


●女将

誰かに似てる様な気がするのは気のせいです。うん。


●オークの流儀

彼らを見てるとあんまウジウジした悩み方はしないんじゃないかと。


今回使用MOD

●ALT Shack

幾つかの要素を内包した自宅MOD。
導入すると家がインペリアルブリッジ近辺に配置されます。
この家はほとんど家具がないのですが、近所にある家具屋で購入した家具を自由に配置できる為、
非常に拡張性が高く、理想の間取りの家を手軽に作る事ができます。

今回登場した酒場はこのMODを導入する事で配置されるインペリアルシティ地下街にある物です。
地下街にはビールの自販機や屋台などもあり、家MOD目当てでなくても十分雰囲気を
楽しむことが出来ます。

リンク先には飛行船やどこでも設置できる家など複数のオプションファイルも一緒に置かれていますが、
OBLIVION SS/MOD晒しスレ テンプレwikiの狼少年氏の項に簡単な説明があるので
導入の際は参考にすると良いでしょう。


●setrestrained

これはMODではなくコンソールコマンドなんですが、今回初めて試してみたら
SS撮影時に非常に使い勝手が良かったのでご紹介。

コンソールで特定のキャラを指定して「setrestrained 1」と打ち込むと、
そのキャラの身体の向きと立ち位置がその場に固定されます。

今まで立ち位置を固定する時はTAIを使っていたんですが、setrestrainedの場合
キャラを全停止するのではなく立ち位置のみを固定するので待機指示が出せない
NPC等の位置を固定するのに便利です。

元に戻す場合は「setrestrained 0」と入力して下さい。











スポンサーサイト

テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/08/12(水) 19:03:57|
  2. RP小説-メインクエ篇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【プレイ日記60】 懺悔 【Miscarcand #6】 | ホーム | 【プレイ日記58】 Magic People Companion 【Miscarcand #4】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirinsasidchemistry.blog47.fc2.com/tb.php/76-ffa8db62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

天気輪

Author:天気輪
天気輪(てん・きりん)

PS3版をプレイ後、
PC新調を機に2009年6月から
TES4 oblivionを開始。

Twitter@Tengkiring


このサイトはリンクフリーです。

カウンター

Visit:

Now Online:

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
登場人物紹介 (4)
もくじ(RP小説) (3)
RP小説-メインクエ篇 (121)
RP小説-戦士ギルド篇 (15)
RP小説外伝-青鬼篇 (20)
RP小説外伝-しろメル篇 (11)
RP小説外伝-短篇 (2)
もくじ(自作MOD) (1)
自作MOD (20)
もくじ(その他) (1)
CS・ツール (20)
MOD紹介 (29)
他作MOD配布 (1)
Legend of Diva攻略 (5)
雑記 (53)
Fallout3/NewVegas (5)
他のゲーム (5)
戯言 (8)
事故創作 (1)
未分類 (0)

ブログ記事ランキング

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

Twitter

アンケート

無料アクセス解析

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。