TES4-輝輪酸紀行

PCゲーム「oblivion」のRP小説とMOD解説感想などなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【プレイ日記44】 いばらの騎士団 【我侭な騎士 #2】

仕方ない。シュイディンハル観光は後回しだ。
ゲートへ近付くと、案の定シュイディンハルの衛兵と思しき男達が門を取り囲んでいた。






44-01

「・・・なんか様子が変だな?」

「何か相談してるみたいですね」






44-02

「だからさ、もう放っておこうぜ」

「そういう訳にもいかんだろ。伯爵が怒るぞ」

「じゃあお前入れよ」

「いやいやいや冗談じゃねぇよ。お前行けよ」

「ボンボンのタメに命張れねーよ」

「仕方あるまい、ここは隊長の私が行こう」

「「「どうぞどうぞ」」」

「…お前ら…」







44-03

「…どっかで見た光景だなぁ」

「何だお前らは。ここは一般人が近付いていい場所じゃないぞ」

「…だそうですよ、マジェラ」

「どうせここでも自分ちの防衛で手一杯だって言われるんだろうしな…話だけでも聞いとくか」



俺は隊長格の男に話しかけた。


「旅がてら何度も似たような門を見かけてね、多少知識がある。
もし良ければ助けになるぜ」

「…ふむ、これだけゲートに近付いて物怖じしない所を見ると多少腕に覚えがあるようだな。
私はアニミウス・グレゴリ。我々はシェイディンハルの衛兵団だ」







44-04

「ド素人がこの門に突っ込んだぁ?」


人の事は言えないが、あまりにも無謀というか、流石の俺も呆れた。


「二日前のことさ。イバラ騎士団がこの門の中に突っ込んで以来音沙汰がないのだ。
それ以来門の中からモンスターが出てくることも無くなったが」

「イバラ騎士団?訓練された部隊じゃないのか?」

「まさか…いや、その…まぁいい、どうせ公然の事実だ」



グレゴリは言葉を濁そうとしたが、何か吹っ切れたのか話を続けた。


「イバラ騎士団はファルウィルが結成した騎士気取りの若造たちだ。
騎士団といや聞こえはいいが、ただの貴族のボンボンたちの飲み会サークルさ。
自慢話だけが立派な口だけの連中だよ。本当に仕事をしてるのは俺達衛兵だ。
奴ら見回りもしなけりゃ街に紛れ込んだ山賊の退治にも手を貸しゃしない」

「リア充でゆとりなんですね。わかります」

「お前は黙ってろエキドナ」



嬢ちゃんの言う通りだ、とグレゴリは少し疲れた顔で笑った。


「ところが今回のゲート騒ぎだ。俺達がこの訳のわからん門に手をこまねいてる間に
連中は無謀にも向こう側へ突撃してっちまったのさ」

「止めなかったのか?」

「ファルウィルは伯爵の息子だ。俺達は逆らえんよ」



グレゴリは深くため息をついた。なるほど。
それでもどうしようか悩んでた所を見るに、伯爵はそれなりに忠を尽くせる人物なのだろうが、
息子がこれではたまらんだろう。グレゴリの日頃の苦労がうかがえた。

ブレイドで良かった。マーティンはフランクすぎるが少なくともそういう気苦労はない。


「ボンボンなだけではなくて、バカボンだったのですね」

「わざわざとどめを刺すなエキドナ」



心無しかグレゴリの肩が少し小さくなった様な気がした。


「とにかく、虚勢ばかり張っていた奴らは本物の英雄譚をまんまと手にしたって訳だ。
おおかたこの前のクヴァッチの英雄の噂を聞きつけて真似したくなったんだろうが、
後で尻拭いさせられる俺達の身にもなって欲しいぜ…」



うっ…これって俺のせいか?

実際は英雄譚と言えるほど優雅な道のりでは無かったのだが、あの一件に尾びれ背びれのついた
噂はなんちゃって騎士の間違ったやる気を呼び覚ましてしまったらしい。


やはりと言うか、少し後ろからエキドナが俺をじっと見ていた。
わかるぞ。
無表情を装ってるけど、笑ってるだろお前。


「…仕方ねぇな」


ブレイドの使者なんか引き受けなきゃ良かった。
俺はゲートへと歩を進めた。


「ちょっと待て!あんたら門の中へ入る気か?」

「あんたらはしばらくそのまま外に魔物が出ない様に見張っててくれ。夜には戻る」

「無茶なことをするな!二重遭難はゴメンだぞ!」

「こんな事をするのは今に始まった事じゃないさ」



なぁ、と傍らの従者に言葉を振ると、彼女は少し目を細めて頷いた。


「そうですね…クヴァッチからずっとこんな調子です」

「そういう事だ。帰ったら伯爵を叩き起こしておいてくれ。息子が気になって寝れてないかな?」

「クヴァッチからって…あんたまさか?」








44-05

「…さて、後輩の顔を拝みに行くか」

























以下注釈





今回使用MOD

●CTAddPose_2ch ver0.12

ご存知CTAddPoseシリーズです。
収録内容は2chSSMOD晒しスレで有志の方たちにより配布されたポーズの詰め合わせで、
女性向けポーズを中心に他では例を見ない、思わず笑ってしまうようなネタ系ポーズが
多数収録されています。
衛兵たちがう○こ座りしているシーンで使用しました。



●CTAddPose_LE02 ver1.0

前回紹介したCTAddPose_LE01の姉妹的?な作品。

LE01が生活など何気ないシチュエーション向けだったのに大して、LE02は戦闘仕様です。
主に武器構えやダイナミックな動きのアクションが充実しています。
ラストのSSのマジェラのポーズはこちらです。

製作者の方のセンスか、あるいは厳選されたのか、こちらもLE01も収録されているポーズの
選出が非常に秀逸です。
かわいいポーズやセクシーなポーズは無く、他のポーズMODと比べると抑えた感はありますが
シチュエーションを考えたスクリーンショットを撮る機会の多い方は入れておいて損はない
MODだと思います。

ポーズ名が解りやすく、男女共用で使えるポーズが多いのも◎。
スポンサーサイト

テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/07/22(水) 17:12:55|
  2. RP小説-メインクエ篇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【プレイ日記45】 フラー! 【我侭な騎士 #3】 | ホーム | 【プレイ日記43】 特使無双 【我侭な騎士 #1】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirinsasidchemistry.blog47.fc2.com/tb.php/53-c8d4becf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

天気輪

Author:天気輪
天気輪(てん・きりん)

PS3版をプレイ後、
PC新調を機に2009年6月から
TES4 oblivionを開始。

Twitter@Tengkiring


このサイトはリンクフリーです。

カウンター

Visit:

Now Online:

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
登場人物紹介 (4)
もくじ(RP小説) (3)
RP小説-メインクエ篇 (121)
RP小説-戦士ギルド篇 (15)
RP小説外伝-青鬼篇 (20)
RP小説外伝-しろメル篇 (11)
RP小説外伝-短篇 (2)
もくじ(自作MOD) (1)
自作MOD (20)
もくじ(その他) (1)
CS・ツール (20)
MOD紹介 (29)
他作MOD配布 (1)
Legend of Diva攻略 (5)
雑記 (53)
Fallout3/NewVegas (5)
他のゲーム (5)
戯言 (8)
事故創作 (1)
未分類 (0)

ブログ記事ランキング

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

Twitter

アンケート

無料アクセス解析

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。