TES4-輝輪酸紀行

PCゲーム「oblivion」のRP小説とMOD解説感想などなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【RP小説】青き歌姫と白い太陽 #9【外伝】

G02_09-01.jpg

「あ、おかえりしろサン」


扉を開いた人影から、馴染み深い気配を感じてメルセデスは言った。



が、その姿を見て、メルセデスの顔に疑問符が浮かぶ。


「しろサン・・・?」










G02_09-02.jpg










G02_09-03.jpg

「・・・誰?」




















G02_09-04.jpg

「メルセデス様!離れて下さい!」

状況を把握する前に、メルセデスは驚いて飛びずさった。
エシュターがそのような大声を出すのを初めて聞いたからだ。


状況を把握していないのはエシュターも同じだった。
ただ、その男が放つ気配は、戦士として訓練された彼を、反射的に行動させるのに充分なほど異様であった。

エシュターはメルセデスに叫ぶと同時に腰の剣を抜き、男に踊りかかった。


「フッ!」


エシュターは着地と同時に、勢いを殺すことなく男に剣を振り下ろした。
不安定な態勢から一気に攻撃に転じる一連の流れは、
彼の剣士としての錬度の高さを思わせる、教科書に載せたくなるほど見事な動作であった。

そう、攻撃は完璧だったのだ。










G02_09-05.jpg

だが、エシュターの剣が男の身体を斬り裂く事は叶わなかった。
驚くべきことに、男の身体は不思議な手応えと共に、剣を弾き返してしまったのだ。


(何とッ・・・!?)


必殺の攻撃を受け止められ、エシュターは驚愕する。
エシュターの名誉の為に擁護すると、彼の一連の動作に慢心は無かったし、
奇襲としては完璧なタイミングであった。

男の剥き出しの肉体に剣を弾き返される事を予測できなかったのが慢心と言うのなら話は別だが。

そして、着地からの反動で一気に放った連撃により、エシュターの体勢は完璧に伸び切っていた。
男がゆったりとした動作で、背負った得物に手をかけた次の瞬間。





G02_09-06.jpg

「エシュターさん!」


めきり、という嫌な音が、自分の耳まで届いた気がして、メルセデスは悲鳴を上げた。


「かっ・・・ふうっ!」


だが、エシュターは――金属の槌で強かに腹を強打されたにも関わらず――膝を折らずに踏み止まった。


「ご安心を。頑丈さが取り柄ですゆえ」


心配するメルセデスをちらりと見ながら、エシュターは微笑んだ。

強がりではあるが、誇張ではない。
エシュターの戦士としての才は、その常人離れした忍耐と粘り強さにある。

生身で剣を弾き返すほどの非常識さは流石に持ち合わせてはいないが、
小兵のウッドエルフであるにも関わらず、ホワイトサンの腕前と『覚悟』を見定めるためだけに
あの巨躯のカジートが繰り出す剛剣を何度となく受け止め、立ち上がった不屈の闘志の持ち主だ。
その打たれ強さは当のホワイトサンをして「もう二度と戦いたくねえ」と言わしめた程である。





G02_09-07.jpg

だが。
エシュターは何とか踏みとどまったものの、動く事が出来なかった。
流石に鎧を着ていない状態では身体が保つまい。激痛に耐えるのが精一杯であろう。

それも事実である。だが、それだけではない。


「魔法の武器かッ・・・!」


エシュターは全身に、槌の衝撃とは別の種類の、不自然な痺れが身体を駆け巡っているのを感じていた。
少しでも油断すれば意識が断ち切られそうであった。
それでも倒れないのは、彼の恐るべき忍耐力の賜物であろう。


「それでも意識は失わないか。だが、そこまでだろう」


男は身動き出来ずに脂汗を流して睨みつけるウッドエルフにそれだけ言って、
視線をメルセデスに向けた。


「――っしろ」


男の眼光の昏さに、本能的に身の危険を感じたメルセデスの口は、
とっさに世界で最も頼れる勇者の名前を紡ごうとした。
が、それより速く、男の怒号が彼女の悲鳴をさえぎった。





G02_09-08.jpg

「断ッッッ!!」


かつて、竜の生まれタイバー・セプティムは、敵を一喝しただけで吹き飛ばしたという。
男の怒号は、物理的な圧力は無かったものの、それを想起させるほど凶暴だった。
まるで、いきなり頭をいきなりハンマーで殴られたかの様な衝撃。


「っ・・・あっ・・・」


声にならない悲鳴を漏らして、三半規管を激しく揺さぶられたメルセデスは、その場に崩れ落ちた。


「メルセデス様!」


苦悶の表情でエシュターが叫ぶ。
そして、男はゆっくりと身動き出来ないエシュターを横切りながら、メルセデスへ近付いていった。


「気絶しているだけだ」


男は言った。


「今は、な」

「貴様ァ!お嬢様に何をする気だっ!」

「魔力の影響下にあって、よくもそれだけ怒鳴れるものだ」



少し感心した様に、男はエシュターの前で足を止めた。そして


「――お前は、計画の障害になるかもしれないな」


躊躇なく、槌を振り下ろした。










G02_09-09.jpg

刹那、火花が散ったかと思うと、黒い影が男の前に立ち塞がっていた。
エシュターはその姿に見覚えがあった。





G02_09-10.jpg

「あなたは、“盾”の―――」

「久しいな、歌姫の騎士」

「ジェイド!邪魔をするなッ!」



それまで無表情だった男の顔が一転、怒りの色に染まり、再び槌を振り下ろした。


「間合いが近い」


対照的に、ジェイドと呼ばれた黒衣の男はぼつりと、静かにささやいた。
直後、男が振り上げた槌の柄を、刀を持った右手でそのまま下から殴りつける。
大振りの武器を振り回すには距離が近過ぎたのだ。

男が大きくバランスを崩したのをチャンスとばかりに、ジェイドは真一文字に男の腹に切りつけた。
が、長躯の男もバランスを崩したまま大きく後ろに飛び退き、皮一枚でやりすごした。
この男もまた、人間離れした運動能力の持ち主であった。







G02_09-11.jpg

「血迷ったか、イシュネス」


ジェイドは低い声で言った。


「我ら“盾の紋章”の一族の使命を忘れたか。よりによって“礎歌の一族”に害を成すなどと」

「血に迷っているのは貴様だジェイド」



半裸の男――イシュネスは、ジェイドをあざけ笑う様に言った。


「何だと?」

「“未知なる者ども”の打倒によって古の盟約は果たされ、“礎歌”は封じられた。
それでもなお、“守護者”を気取る己を滑稽だと思わないのか?」

「・・・何が言いたい」

「古の盟約により、我らは“礎歌の歌姫”を守り続けた。
だが、盟約を果たした今、今度は彼女達が俺達に力を貸す番という訳だ」



そう言ってイシュネスは口の端を吊り上げて笑った。
危険な願望を――野心を、宿した顔だった。


「我ら名も無き一族が日の光を浴びる時が来たのだ。我らが代々守り続けた、“礎歌”の力と共に」




















***





















G02_09-12.jpg










G02_09-13.jpg

「・・・気のせいか」


ふと、何かに呼ばれた気がしてホワイトサンは振り返った。
が、そこには城塞に囲まれ物言わぬ白亜の塔がそびえ立っているだけだった。

インペリアルシティ。
帝国紀前の戦いを生き残り、オブリビオンの災禍も潜り抜けた世界屈指の要塞都市だ。
シロディールにおいて、ここより安全な場所は他にないだろう。

後顧の憂いは無い。
オルティウス家の優しい人達に囲まれた、健やかな未来も約束されている。
彼女は豊かで幸せな少女時代を送るのだ。

振り返る必要は無い。
もう、危なっかしい足取りで自分を追いかけてくる小さな同行者の
心配をする必要はないのだ。




G02_09-14.jpg

「本当に、そう思っておるのかの?」


と。


「どうかのう。そうではないじゃろう?相変わらず素直ではないのう」




















G02_09-15.jpg

「そうやって心の中まで覆い隠してしまう。今のお前はまるで曇り空のようじゃ、白い太陽」




















注釈



●エシュターさんまじメイン盾

「Legend of Diva」本編のあるルートでエシュターと対決する場面があります。
攻撃力はそれほどでもないのですが、この戦闘では特定の条件を満たさない限り、
彼は何度でもその場で復活するため、初見だとちょっと大変だったりします。



●ジェイド

「Legend of Diva」の登場人物の一人。
時には敵として、時には味方としてプレイヤーの前に立ちはだかる神出鬼没の謎の人物。

このシリーズで登場するジェイドは、Alternative Fixのおまけに同梱されている
整形パッチが適用されているためオリジナルのLegend of Divaと顔が違います。


●イシュネス

「Legend of Diva」の登場人物の一人・・・ですが、LOD本編では特にイベントのないNPCなので
LODをプレイ済の方でも「誰?」という感じかと思いますが、
この番外篇におけるラスボス的存在です。彼についても詳細は次回以降に。
.
ちなみに、こちらはまだパッチ未収録ですが、ジェイドと同じく整形を行ったため原作と顔が異なります。




スポンサーサイト

テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

  1. 2014/05/25(日) 15:13:20|
  2. RP小説外伝-しろメル篇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<【RP小説】青き歌姫と白い太陽 #10【外伝】 | ホーム | 【他ゲー】最近遊んだゲームとか>>

コメント

ふ、ふおおおおおお!!メルーが危ない!!!
しろサン早く帰ってきてーーーーーーー!!!!
そして何という引きの上手さ!!わたし、続きが気になります!

こんばんは、はじめまして。白青くろ と申します。
毎回楽しく拝見させていただいております。

いやぁ天気輪さんは文章とか話の構成とか本当に上手いですね。
Legend of Divaは未プレイだったりするんですが、
それでも話に引き込まれるというか、毎回気が付いたら最後まで読んじゃってます。
過去のRP小説も、読み始めたらどんどん続きが気になって結局全部読破しちゃいましたしwww
ちなみにお気に入りは、カステットさんのお話です。

と、そんな感じ(?)でこれからも影ながら応援しておりますので、
ご自分のペースで更新頑張ってください。
ではでは(*´ω`*)ノシ
  1. 2014/05/27(火) 20:34:00 |
  2. URL |
  3. 白青くろ #5AZqSwf2
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>白青くろさん

はじめまして。
ご愛読して頂いてる様で誠にありがとうございます。
今回のエピソードはLODのネタバレ全開なのでどうなんだろう?と
思いながら書いていましたが楽しんで頂けている様で何よりです。

最近はすっかり更新ペースも落ちてしまって、ゆるゆる進行になっていますが
気長にお待ちいただければ幸いです。
  1. 2014/05/29(木) 21:30:13 |
  2. URL |
  3. 天気輪 #-
  4. [ 編集 ]

お疲れ様で御座います。

イシュネスさん、初見でYAHIさんのパンフムさんと被って見えました。
半裸男、マジ危険。

Legend of Diva、以前に途中でどうしても落ちてしまう病から抜け出せないままでしたが、種族変えたらいけるんじゃね?
とやり直しておりますが、アレって基本的にプレイヤーが男であることが前提ですよね。
アンヴィルの灯台で百合展開になって困りモノです。

最近は私も更新がまた遅くなっておりますが、なんかこう盛り上がる祭でもあればと思います。
頑張れTES4勢。
  1. 2014/06/05(木) 16:09:59 |
  2. URL |
  3. 鋼鉄蒸気 #2PRdxZIg
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>鋼鉄蒸気さん

この界隈は半裸男が多すぎる(笑)
イシュネスにはせっかく敵サイドで出てきてもらったので何か着せようかと思ったんですが、
顔を変えて服まで変えるとホントに誰か分からなくなりそうだったので辞めました。

LODとの相性に種族が関係あるかは調べてません。実際どうなんでしょう?
ちなみにAlternative Fix版では主人公の性別に合わせて一部のセリフが
変わる様に変更を加えました(兄貴→姐貴など)
ただしプレイヤーが女性の場合に百合展開になるのはそのまんまです。
オブリ的にはそれでいいかなと思います(偏見)

スカイリムもMODが色々充実してきた様なのでオブリに勢いがないのは
まぁ時代の流れかなとも思います。
確かになんか楽しいお祭があると良いんですけどねー
  1. 2014/06/05(木) 22:24:06 |
  2. URL |
  3. 天気輪 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirinsasidchemistry.blog47.fc2.com/tb.php/323-fe9f208f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

天気輪

Author:天気輪
天気輪(てん・きりん)

PS3版をプレイ後、
PC新調を機に2009年6月から
TES4 oblivionを開始。

Twitter@Tengkiring


このサイトはリンクフリーです。

カウンター

Visit:

Now Online:

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
登場人物紹介 (4)
もくじ(RP小説) (3)
RP小説-メインクエ篇 (121)
RP小説-戦士ギルド篇 (15)
RP小説外伝-青鬼篇 (20)
RP小説外伝-しろメル篇 (11)
RP小説外伝-短篇 (2)
もくじ(自作MOD) (1)
自作MOD (20)
もくじ(その他) (1)
CS・ツール (20)
MOD紹介 (29)
他作MOD配布 (1)
Legend of Diva攻略 (5)
雑記 (53)
Fallout3/NewVegas (5)
他のゲーム (5)
戯言 (8)
事故創作 (1)
未分類 (0)

ブログ記事ランキング

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

Twitter

アンケート

無料アクセス解析

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。