TES4-輝輪酸紀行

PCゲーム「oblivion」のRP小説とMOD解説感想などなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【CS・ツール】TES4Editをいじろう その2

※画像は記事と関係ありません
CS02-01.jpg




関連記事:【雑記】TES4EDITをいじろう その1


その1を書いたのが1年前…月日が経つのは早いものです。
先日「TES4Edit講座って書いたら需要ある?」と某生主さんに聞いたら
「あるんじゃないすか」との事だったので続きを書いてみる事にします。
・・・続きというか、ほとんど「情報まとめ」みたいな感じになっちゃいましたが。
何度このブログで言ったか分かりませんが、先人は偉大だ。

TES4Editは使い方が分かる様になると非常に便利なツールなのですが、
文字情報のみなので英語の苦手な人間にはとっつき辛いインターフェイスなので
あまり触った事のない方も多いのではないでしょうか。

私も機能の10%くらいしか使いこなせてない気がしますが、
それでもTES4Editのお陰でMOD製作がとても楽になったと感じています。










●TESEditでできること

CSよりステキなところ

・他のMODの変更点と見比べながら修正や編集を行うことができる

・esmファイルの編集ができる

・モデルを指定する時はパスを直接入力する方式(bsa内のデータを指定するためにわざわざ解凍する必要がない)

・MODからMODへのデータのコピーが容易→(装備マージなどの製作が楽)

・不要な編集を行ってしまった場合、Vanillaのデータに手を加えてしまった場合でも変更箇所を簡単に削除できる


CSの方がステキなところ

・CSの様にアイコンやプレビューが表示されないため、視覚的な情報を取得できない

・文字情報だけのため、マップの製作は困難(というか無理)

・スクリプト・クエストの編集などの編集はCSの方がわかりやすい


…と言った感じで、TES4Editにも一長一短があります。
特にスクリプト編集については現状、よく分からない項目が多いので私はCSで編集しています。
ただ、使用しているReferenceやVariable(変数)が整理されて表示されるので
人が作ったスクリプトを閲覧する時には便利だと思います。

TES4Editでマップが作れる人はちょっと人間離れしてると言わざるを得ない。
これもCSでやった方が楽です。

基本的に

・大まかなMOD作成→Construction Set
・細かい調整・微修正→TES4Edit

という感じでしょうか。
TES4EditはCSが使えてはじめて便利さが分かるツールです。




●TES4Editを紹介してる記事まとめ

手抜きと呼ばないで><
本当は自分で1から記事を書くつもりでいたのですが、既に書きたかったことを紹介してるブログが沢山あり
どれも充実した内容だったので、まずは過去にTES4Editの使用例を紹介してるサイト様の記事を補足も交えて
紹介していきたいと思います。


TES4EditでMODをクリーニング - Oblivion Clarity様

Modderじゃない方も必見。クリーニングはespのシェイプアップ、MOD同士の競合、CTDの削減に効果的です。



TES4Edit [ Remove ] - LIBEROBLIVION様

CSでデータを消去する時はちまちま1個ずつDeleteしなければいけませんが、TES4Editでは
範囲選択でまとめて削除できます。また、この方法だと誤って編集してしまったVanillaのデータ等も
Oblivion.esmのデータを傷付けずに編集データのみを削除する事が出来ます。
いじってないのに「*」がついてしまった項目をクリーンにできます。


TES4Edit [ Copy as new record into... ] - LIBEROBLIVION様

補足として、TES4Editには「Copy as new record into...」の他に
「Copy as Override into...」という複製コマンドがありますが、違いは

・Copy as new record into...
指定したデータを新規IDに変更してコピーします。
Mod AからMod Aにコピーした場合は完全に別物として扱われます。
Mod AからMod Bにコピーした場合も同様です。

装備を抜き出してひとつのespにまとめたい場合などはこちらを使います。

・Copy Override into...
指定したデータを同一のIDのままコピーします。
Mod AからMod Aにコピーする事はできません。
Mod AからMod Bにコピーした場合、ModBがModAより後ろにある場合はModBのデータに上書きされます。
また、ModBを読み込むためにはModAをマスターとして指定する必要があります。

こちらは記事の様にリプレーサー系MODを作りたい時に使います。
ModBに変更を加えれば、ModAの特定部分だけを変更したオプションプラグインの出来上がりです。


TES4Edit [ Change FormID ] - LIBEROBLIVION様

ここでやっているのはVanillaのLegion装備をWACで追加されるOld Legion装備に差し替えるという試み。
この2つはまったく別のアイテムなのですが、同一のFormIDのものは後から読み込まれるMODに
データが上書きされるため、メッシュパスが異なる装備でも簡単にリプレーサーMODが作れちゃう
という寸法です。

応用すれば帝都兵を全て水着にする事も容易(誰得だ)


Geckoを使わない MODマージのすすめ - ふさふさ様
MODから特定の品のみ抜き出してMOD化する方法2010 - Darker than Darkness様

「Copy as~」の応用編。両方とも装備MODのマージ方法についての記事です。
内容は似てますがどちらも甲乙つけがたいのであわせてご紹介します。
装備MODのマージというと以前はTES4Geckoが主流でしたが、TES4Editはもっと簡単に、
任意のアイテムだけを統合することが出来ます。



●手動コピーで鎧を服に

このままだとホントに書く事がないんで最後にショボいけどTES4Editで私がよく使う編集を。

CSでVanillaのリソースを使う場合、大抵は同じリソースを使っているオブジェクトをコピーして
使うのが常套手段ですが、例えば鎧を服に置き換えたい場合、Armorの項目をClothingにコピーする
事が出来ないため、1から入力しなければなりません。

また、直接モデルデータを指定する場合、CSではbsa内のデータは開くことができないため、
一度bsaを解凍して目的のメッシュを指定のフォルダに置かなくてはいけない手間がありました。

TES4Editでも1から作らなければいけない手間は同じですが、どこにメッシュデータがあるか分かっていれば
パスを打ち込むだけでOKです。

※以下の画像の幾つかはクリックで拡大します。



CS02-02.jpg

今回はLeather Greavesを服化する手順を使って説明します。
とりあえず服のデータを1個作った適当なespを作ってしまいましょう。ここではTestLeather.espとします。
服の内容はTES4Editでいじるので特に何も編集しなくて構いません。
使用スロットとアイテム名くらいは決めておいた方がいいかもしれませんが。






CS02-03.jpg

TES4EditでTestLeather.espを開き、オリジナルのLeather GreavesのデータをOblivion.esm内から探します。
この時、EditorIDやFormIDが分かっている場合は左上の窓にIDを打ち込む事で検索する事ができます。
Leather GreavesのEditorIDはまんまLeatherGreavesなのですぐに見付かるでしょう。




CS02-04.jpg

Leather Greavesが見付かったらメモ帳など適当なテキスト編集ソフトを開き、
各項目をダブルクリックして出た文字情報をCtrl+Cでコピーして情報を貼り付けていきます。




CS02-05.jpg

今回は服なのでArmorとHealthの情報は不要です。
Bound Radiusが何の項目が未だに分かってないのですが、
恐らくモデルに関する何かだと思うので私は一応コピーしています。
分かる方ご一報頂けると幸いです。




CS02-06.jpg

必要な情報をメモ帳にコピーしたら今度はTestLeather.espに作った
服版Leather Greavesを探し、これらの情報を貼り付けていきます。
編集したい項目を右クリックして「Add」を選択。




CS02-07.jpg

「このesp編集しちゃうけどいい?」というダイアログが出るのでYesを選択。
以降、文字が黒くなった項目はダブルクリックで入力が行える様になります。
先ほどメモ帳にコピーした情報を各項目に貼り付けていきましょう。





CS02-08.jpg

という訳で出来上がったのがこちら。
改めてCSで開いてみましょう。




CS02-09.jpg


bsaを解凍しなくてもパスが入力でき、アイコンも正常に貼られました。

という感じで、TES4Editはbsa内にあるデータを使う時にも非常に便利です。




CS02-10.jpg

TES4Editで編集したプラグインは、編集前のデータがDataフォルダにバックアップされます。
元に戻したい場合は一度別の場所にコピーして「.backup~」以降を全て削除すれば元のespファイルに
戻ります。

バックアップファイルは1箇所でも編集するたびに自動的に作られるので、不要になった場合は
直接ごみ箱に放り込んでDataフォルダ内の容量を減らしましょう。













スポンサーサイト

テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

  1. 2012/09/01(土) 11:10:18|
  2. CS・ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【雑記】ツールまとめ | ホーム | 【MOD紹介】スカイリムライクな建造物群-HESU EUdaBear>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirinsasidchemistry.blog47.fc2.com/tb.php/281-23396179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

天気輪

Author:天気輪
天気輪(てん・きりん)

PS3版をプレイ後、
PC新調を機に2009年6月から
TES4 oblivionを開始。

Twitter@Tengkiring


このサイトはリンクフリーです。

カウンター

Visit:

Now Online:

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
登場人物紹介 (4)
もくじ(RP小説) (3)
RP小説-メインクエ篇 (121)
RP小説-戦士ギルド篇 (15)
RP小説外伝-青鬼篇 (20)
RP小説外伝-しろメル篇 (11)
RP小説外伝-短篇 (2)
もくじ(自作MOD) (1)
自作MOD (20)
もくじ(その他) (1)
CS・ツール (20)
MOD紹介 (29)
他作MOD配布 (1)
Legend of Diva攻略 (5)
雑記 (53)
Fallout3/NewVegas (5)
他のゲーム (5)
戯言 (8)
事故創作 (1)
未分類 (0)

ブログ記事ランキング

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

Twitter

アンケート

無料アクセス解析

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。