TES4-輝輪酸紀行

PCゲーム「oblivion」のRP小説とMOD解説感想などなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【oblivion】The Battle for Castle Kvatch 2~マーティンとの邂逅~【プレイ日記16】

「総員突撃!化物共を蹴散らせ!」

市内にはかなりの数のスキャンプが待ち構えていた。
こちらは7人、敵も複数、しかも天候は雨。
流石にPCにも負荷がかかっているらしく、画面がカクつく程の大乱闘となった。

「何の話ですか?」

「気にするな」


マティウスが言っていた通り、シロディールは長らく実戦がなかったためか
彼の部下の殆どは戦場慣れしているとは言い難い腕前だった。

途中何度かしゃしゃり出てきた味方を誤って斬りそうになったり、
背中に矢が突き刺さったりした。


「お前もかよ!」

「すっ、すいませんっ!」

「マジェラは2、3発射られた位で死にませんからあまりお気になさらず」

「お前が言うなッ!」





そんなこんなで何とか敵を駆逐しつつ、街の中央にある教会へ辿り着いた。
教会にはマティウスの部下と何とか追手を逃れる事ができた市民たちが立てこもっていた。





16-01

マティウスの表情にも若干の安堵の色が見えた。
この絶望的な状況の中で部下が生きていてくれていた事だけでも彼にとっては喜びだろう。

そうだ、マーティンを探さないと。
彼もこの教会に避難していた筈だ。
部下と市民を避難させる算段を打ち合わせているマティウスを尻目に、
俺は教会の中を見回した。





16-02

いた――――――















皇帝3

「…陛下…!?」













16-03

「どうしたのかね?顔色が優れない様だが」


――一瞬、心臓が止まるかと思った。


「いや、あまりに似てたんでびっくりしちまった…」

「?」

「気にしないでくれ。訳あって皇帝陛下からあなたに伝言を持ってきた」

「皇帝?冗談はよしてくれ。皇帝は死んだ。君は何者なんだ?」

「俺はマジェラ。故あってこの仕事を引き受けている。貴方がマーティンだな?僧侶の」



僧侶の、という部分が気に入らなかったのか、マーティンは顔を若干険しくした。


「確かに、私は僧侶だが、僧侶の力が必要なら私はあまり役には立たないと思うよ。
…今、私は神々のなさることが理解できずにいるとこでね」


クヴァッチの惨状の事を言っているのだろうか。
目の前にいながら救いきれなかった者も沢山いたのだろう。
マーティンは僧侶の身であるだけに正義感の強い男の様だった。

「…それには同感だが、神でも悪魔でもいい、今はあんたの力が必要なんだ」

「解らないな。聞けば君たちは自力でデイドラ達を退けてここまで来たそうじゃないか。
一体、一介の僧侶に過ぎない私に何を求めているんだ?」



…俺は一瞬、躊躇ったが、やむを得ず真実を告げる事にした。
彼には自分の置かれている状況を把握してもらわなければならない。


「マーティン、落ち着いて聞いてくれ。
…デイドラ達は、貴方を殺す為にクヴァッチへ侵攻してきたんだ」

「私を?何故?
私がナインの僕だからか?」

「貴方がユリエル・セプティムの息子だからだ」



マーティンは一瞬呆気にとられた様だったが、すぐに馬鹿な事を言うなと顔を険しくした。
まぁ、初対面の人間にそんな事を言われたら無理もない。


「恩人とはいえ、冗談にも程がある。私の為に街が滅ぼされた?
私はただのアカトシュの神官だ。父は農夫だった」

「…ウェイノン修道院のジョフリーの事は知ってるか?」

「クヴァッチに勤められたのは彼の推挙だ。なぜ知っている?」

「これはジョフリーから伝えられた話だからだ。彼は以前、帝都の騎士だった。
…俺自身、都合の良い夢を見てる様な気分だが、タムリエルが新たな皇帝を
必要としている事だけは事実だ。
そしてそれは、セプティムの血を引き継ぐ者にしか出来ない」



少しでも琴線に触れてくれたのだろうか、マーティンは押し黙り、
ややあってから口を開いた。


「…わからないな」

「?」

「不思議な事だが、私は君が真実を話している様に覚える。ナインの働きかけだろうか」

「…ジョフリーも似たような事を言っていたな。
俺は唯の旅人に過ぎんよ。
俺は貴方にジョフリー老の言伝を伝えに来ただけだ」

「君の話は良く解った…私に一体どうしろというのだ?」

「いいのか?」

「私も真実を知りたいのさ。それに、デイドラ達の侵略を退けれるというなら私も何か力になりたい」



そう言って決意を見せたマーティンの表情は、先帝ユリエルにそっくりだった。













































注釈



●あまりにも似ているからびっくり~

OPCGのユリエル帝しか素材がなかった為、あんま似てない画像しか拾えなかったけど
この親子、本当によく似ているのです。
ベゼスタ芸細かい。


●戦闘中のSSは?

何故かこのシリーズで撮影した戦闘中のSS、全部撮れてませんでしたorz

どこのシーンも事後のショットばっかりで本当に申し訳ない。



スポンサーサイト

テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/06/29(月) 14:03:47|
  2. RP小説-メインクエ篇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【oblivion】The Battle for Castle Kvatch 3【プレイ日記17】 | ホーム | 【oblivion】The Battle for Castle Kvatch 1【プレイ日記15】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirinsasidchemistry.blog47.fc2.com/tb.php/19-77a9acc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

天気輪

Author:天気輪
天気輪(てん・きりん)

PS3版をプレイ後、
PC新調を機に2009年6月から
TES4 oblivionを開始。

Twitter@Tengkiring


このサイトはリンクフリーです。

カウンター

Visit:

Now Online:

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
登場人物紹介 (4)
もくじ(RP小説) (3)
RP小説-メインクエ篇 (121)
RP小説-戦士ギルド篇 (15)
RP小説外伝-青鬼篇 (20)
RP小説外伝-しろメル篇 (11)
RP小説外伝-短篇 (2)
もくじ(自作MOD) (1)
自作MOD (20)
もくじ(その他) (1)
CS・ツール (20)
MOD紹介 (29)
他作MOD配布 (1)
Legend of Diva攻略 (5)
雑記 (53)
Fallout3/NewVegas (5)
他のゲーム (5)
戯言 (8)
事故創作 (1)
未分類 (0)

ブログ記事ランキング

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

Twitter

アンケート

無料アクセス解析

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。