TES4-輝輪酸紀行

PCゲーム「oblivion」のRP小説とMOD解説感想などなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【RP小説】青鬼は泣かない #7【外伝】


G1_7-01.jpg

「そうだ!」


壁の方を向いてベッドに寝転がるカステットの横でいつもの様に内職をしていたクッカマリアは突然叫んだ。
この女がスキャンプみたいにうるさいのはいつもの事だ。
普段であればカステットもそのまま狸寝入りして無視を決め込む所だった。

どうせ「そうだ!」に続くのは「洗濯物入れなくちゃ!」とか「お掃除しなくちゃ」とかどうでもいい事だ。










G1_7-02.jpg


「先生に診てもらいましょう」


が、クッカマリアが言ったのはそのどれでもなかった。


「・・・先生?」

「私の薬草学のお師匠様です」



新しく聞いた「先生」という名前は微かにカステットの気を引いた。
珍しく返事をした彼に気を良くしたクッカマリアは嬉しそうに続きを話す。


「考えたんですが、カステットさんのお身体の不調は病気によるものではなく、
魔法的なものが働いているのかもしれません。
先生なら魔術にも詳しいですから何か分かるかも」



名案だ、と言わんばかりにクッカマリアはニコニコしながら言った。


「・・・ふむ」


悪い提案ではない。
何より、魔術師の知恵を借りれるのならばこの身体の変異の原因だけでなく、
デッドランドへ帰還する方法も知っているかもしれない。

もっとも、彼にとってクッカマリアの無償の善意に頼るのは未だに引っかかる所があったが――


(定命の者にまた身体をいじくられるのは癪だが・・・行ってみるか)


戦闘種族である彼にとって、十二分に動けない今の状態はやはり苦痛だった。

















***

















G1_7-13.jpg

「それで、シスタークゥ」

「なんですか、シグニー院長」

「確かに私は、帝都に行くにはカステットさんは目立ち・・・ゴホン、少し個性的かもしれませんと言いましたが」






G1_7-03.jpg

「何であなたがこんな物を持ってるんですか」


シグニー院長が驚くのも無理はない。

それは知る人ぞ知るアイテムだったが――知っている者なら、何よりナインの僧が見れば卒倒しかねない代物だ。

クラヴィカス・ヴァイルの仮面。
その名の通り、ディードラ神の1人、クラヴィカス・ヴァイルが作り出した
ディードリック・アーティファクトのひとつである。


「大丈夫です院長。これは先生の作ったレプリカですから」

「そういう問題ではないでしょう・・・こんなものを殿方に無理矢理被せて。カステット氏だって迷惑に」

「何?これは贋作なのか!?」



仮面の奥から飛び出た大声にシグニー院長が珍しく驚いてみせた。
普段沈着冷静な彼女が驚く姿が見られるのもレアだが、こちらはもっとレアだろう。
タムリエル史上で「驚きの声を上げるドレモラ」を見た者がどれ程いるだろうか。


「はい。形状にも儀式的な意味があるかも知れないって、資料や伝承をもとにして
なるべく本物に近づけて作ったそうですよ」

「ほう・・・」

「けど、その姿じゃ逆に目立つんじゃないかしら」

「ふむ。この荒々しい美しさは人を惹きつけてやまぬだろうな」



悪趣味意外の何者でもなかったが、装備している本人はまんざらでもなさそうだ。
むしろちょこっと感動してるフシすらある。
仕える神は違えど、ディードリックなアイテムだけに何か感じ入る物があるらしい。

お世辞にも格好良いとは言い難い兜をかぶり恍惚とするドレモラ。
レアな光景のオンパレードである。


「・・・彼はダークエルフの親戚って言ってたわね」


シグニーはカステットには聞こえない様にそっとため息をついた。
シロディールでもダークエルフにはディードラの信奉者が多い。


「そういえばエンチャントも再現してるそうですよ。
装着者は他人には魅力的な容姿に見えるとか」

「私にはただの兜にしか見えませんが」

「『それがレプリカたる所以』だって先生がおっしゃってました。
仮面をつける所を見た人にはただの兜にしか見えないそうです。
成功したとは言い難い代物だからあげるって言われてもらってきちゃいました」

「・・・大丈夫なのかしら」






G1_7-04.jpg

「朝から騒がしいな」

「あ、グンダさん。おはようございます」

「まだ出てなかったのかクゥ。何をしているんだ?」

「えへへ、この兜を探すのに時間がかかっちゃいました」

「兜?」





G1_7-05.jpg

「なんだ、その声は隻眼女か」

「・・・!?」

















G1_7-06.jpg

















G1_7-07.jpg


















G1_7-08.jpg

「・・・あふぅ」

「キャー!グンダさんが色っぽい声出して倒れたー!」

「なんだ?どうしたのだこの女は」

「・・・効き目は充分みたいですね」


















***


















「ごめんなさいっ!お財布忘れてました取りにいってきまああオレノアさんみてどいてよけてー」

「え、ちょ、きゃーっ」



何か階下の方で激しい音が聞こえた。




G1_7-09.jpg


「・・・やはり、スキャンプ女か」


―――定命の者はよく解らん。
やかましく騒いでいる事もあれば、ただ笑って側に座っている事もある。
スイッチの激しい女性であった。


「すみません、騒がしい子で」


その騒ぎを横で一緒に聞いていたシグニー院長が申し訳なさそうに言った。


「落ち着いていれば優秀な子なのですが」

「その様だな。薬の処方は見事なものだったが」



カステットもそれは認めざるを得ない。
回復の度合いが実感できるほど、彼女の技術は見事なものであった。

その熱意がどこから来ている物なのかは、未だに理解できないが。


「シスターとは随分仲良くして下さってる様で」

「何もしておらぬ。あれが何かと口を出してくるだけだ」

「昔から弱っている人を放っておけない性格ですから」

「…フン」



カステットは無関心を装いながら鼻を鳴らしたが、
不快感を隠す事に完璧に失敗していた。


「失礼しました。お気になさらずに」

「助けられたのは事実だ。気にしてなどおらぬ」



そう言いながら、憮然とした表情でカステットは答えた。
やはりドレモラとしては、「弱い」と言われるのが面白くなかったのだろう。


「いえ…それが豊饒の神に仕える我らの使命ですから」


「汝に施された所を為せ」と歌う様に呟いて、シグニーはナインの印を切った。


「万民に与えられる大地の恵みは余す事なく分け与えよというのがマーラの教えです。
その点については、彼女は実に忠実に勤めていますわ」

「その為には危険に身を晒す事も厭わぬか」

「・・・他の者から何かお聞きになって?」

「あの女以外、ここの者は我に近付こうともせぬ。だがそれが正常な反応ではないか」

「正常・・・ですか」

「我はうぬ等にとって素性の知れぬよそ者。警戒するのは当然であろう。
この館の主であるうぬに問うが、あの娘が我を助ける事で群に害を為すかもしれぬ危険を
なぜ許容したのだ?」


故に人は城を築き塀を建てる。外敵を拒む為に。
それが定命の者の知恵だとカステットは理解していた。
―――クヴァッチという街で。


「これまでそうして彼女に危害を加えた方はいませんでしたから」

「・・・これが始めてではないのか」



群からはぐれた狼の子供から人里に迷い込んで傷を負ったオーガまで
その数は枚挙に欠かないという。


「そういえば、人間ではあなたが始めてですね」

「・・・」



常人からすれば豊富な博愛精神の持ち主、と言う事も出来なくはないが、
その無謀さにカステットは呆れて閉口した。

自ら危険を招きいれる等、正気の沙汰ではない。
力もない癖にデイゴンに命を捧げ無限の闘争を約束された彼の領域に踏み込む
ミシックドーンの愚かな信徒どもと大差ないではないか。


「止める理由がありません。マーラに仕える身としては」


シグニーは言ったが、その声にはどこか含む様な響きがあった。


「助けた相手が貴方の様な方だったのが幸いです」

「・・・ふむ」



カステットは興味深そうに片眉を吊り上げた。
神しか見えていなかったあの狂信者どもとは違い、
この修道女は身の程を知っているらしい。

・・・問題はあのスキャンプ女が「ナインの教え」とやらに忠実すぎるために、この院長も口出し出来ないという訳か。
救いを乞い神を求めるのが定命の者の習性だとばかり思っていたが、これでは逆ではないか。


「教義は人を縛るためのものではありません。人を救い、豊かにするためのもの」


シグニーは言った。


「ですが、あの子はまるで・・・」







G1_7-10.jpg

「お待たせしましたっ!」


と、場の空気を蹴り飛ばすかの様に、クッカマリアが勢いよく扉を開いて現れた。




G1_7-11.jpg


「シスタークゥ、院内では静かに」

「すいません、カステットさんを待たせたら悪いと思いまして」

「でしたら、出掛ける準備は事前に済ませておきなさい」

「えへへ・・・」







G1_7-12.jpg


ばつが悪そうにクッカマリアが笑う。
その笑顔を、シグニーは微笑ましい様な、困った様な眼差しで見守っていた。
















注釈




●クラヴィカスの仮面

デイドラの神像に話しかけてクエストを受けるいわゆる「デイドラの秘法」系クエストで
クラヴィカス・ヴァイルから報酬としてもらえるアーティファクト。
クエストを受けるには500Gとプレイヤーレベル20以上必要。

デイドラの兜に次ぐ防御力があるものの、魅力上昇20ptsとエンチャント性能は微妙。
クエストを完了するためにはVanillaにおける最強剣ウンブラをグラヴィカス・ヴァイルに
渡さなくてはいけない事もあり、数あるディードリック・アーティファクトの中でもその影は薄い
・・・と思いきや、その外観の強烈なインパクトから愛用してるプレイヤーもいるとかいないとか。



●クラヴィカスの仮面の効果

このアーティファクトは装備した者を魅力的に見せる。
その昔、ある貴婦人がクラヴィカス・ヴァイルと契約してこの仮面を手に入れた。
仮面は彼女を魅力的な女性に変貌させ、やがて意中の男性と結ばれて子を宿す事になるが、
突然クラヴィカス・ヴァイルが彼女から仮面を取り上げてしまった。
仮面の力を失った彼女の姿を見て夫は激怒し、彼女は家から追い出されてしまった。
その後彼女は失意の内に死亡した・・・という逸話が残っています。
クラヴィカスマジ外道。

どう見てもヒゲ面のおっさんにしか見えない仮面ですが、女性ですら魅力的にしてくれる様なので
こんな描写になりますた。
イメージ的には被ってる時だけかっこよくなる灰色頭巾。

ちなみにこの仮面は重量15とVanillaの重兜ではもっとも重いのですが、これを常時身に付けてた
貴婦人さんは一体どんな首の鍛え方をしていたのやら。



●ドレモラの美的感覚

ゲート内を見る限り、あんな落ち着かない場所で生活していると考えると定命の者とは感覚がズレてるんじゃないかと。
オレイン画伯とは仲良くなれるかもしれませんね。



●マーラの教え

捏造です。マーラが豊饒を加護する神なのはホント。
だからおっきいんだという説の真偽は闇の中(何がだ)

タムリエルの神は信仰上の偶像ではなく実在するため、本来は何を信じるかというより
何の神の加護を受けるか、というスタンスで人々は信仰している様です。
オブリに出てくる教会の人達が性格も格好も割とフランクなのはその辺が理由なのかもしれません。

クッカマリアの周りの人達が彼女を割と冷静に見てるのはそんな感じ。
尊敬はするけど、真似しようと思わない的な。




次回、ドレモラさん帝都へ行くの巻。


スポンサーサイト

テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

  1. 2010/04/20(火) 22:45:06|
  2. RP小説外伝-青鬼篇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<【RP小説】青鬼は泣かない #8【外伝】 | ホーム | 【RP小説】青鬼は泣かない #6【外伝】>>

コメント

グンダさんのキュゥンにフキましたw
かわいいところありますねぇ。

でもあの仮面はたぶんそういう効果があるのかもしれませんw
イケメンに見える幻影とかw
  1. 2010/04/21(水) 06:53:38 |
  2. URL |
  3. Sara #9L.cY0cg
  4. [ 編集 ]

グンダさんはブレイド一筋に生きてきたカタブツでストイックな人だと思ってたら、結構な桃色脳細胞をお持ちの方だったようだ・・・w
そしてデイドラアーティファクトをレプリカとはいえ再現するってすげぇw
  1. 2010/04/21(水) 16:56:02 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. [ 編集 ]


先生グンダさんが可愛いすぎるんですがもう私どうしたらいいですか

たっぷりと萌えさしていただきました(*´∀`)
タイトルの女の子たちとか兜に「ちょこっと」ご満悦なカステット様とかグンダさんとか。この孤児院いいなあ
あの使い道ないアーティファクトがこんなとこで活用されてるとは……
次回はその先生が登場されるんでしょうか。わくわく。

しかしグンダさんヴィジョンの英雄殿、キラキラ感が半端ない。
  1. 2010/04/21(水) 23:37:55 |
  2. URL |
  3. ウロ #z.VEhabY
  4. [ 編集 ]

 恐るべきはClavicus Vileの仮面(レプリカ)か、はたまたグンダヴィジョンか、まさかこのような形でマジェラ君が再登場しようとは(笑)。どこからか『オブリビオンの主人公はモテモテじゃなきゃいけねえんだよ!!」というかのDaedra Loadの声が聞こえてきそうです。
 とはいえエキドナさんが見たら一言
「……誰ですかこれは」
 と切って捨てそうな光景ではありますね。
  1. 2010/04/22(木) 01:30:02 |
  2. URL |
  3. あまね #EBUSheBA
  4. [ 編集 ]

グンダさんのキラメキ度が半端ないですw
仮面の重量も半端ないです(・∀・)
1枚目SSの破壊力も半端ないです(≧∇≦)b
ええいっ医者はまだかっw
  1. 2010/04/22(木) 20:12:15 |
  2. URL |
  3. かにうま #3IP1WHPs
  4. [ 編集 ]

グンダさんのマジェラさんLOVE半端ないっすねw
やはりマジェラさんの魅力はすごい。
…すごいフェロモンとか出してるんでしょうか。香水にしたらすごい売れそう。
それはそうと、カステッドさん、さらに渋い色気が出てるような気がします。彼ももしやフェロモンを…ナーンテ。
  1. 2010/04/23(金) 02:02:10 |
  2. URL |
  3. N #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>Saraさん

注釈にある貴婦人うんぬんの話は公式設定らしいので本来は魅力+20程度のエンチャント
どころの話ではないアイテムの筈かなと。
イメージとしては灰色頭巾のイケメン版です。


>名無しさん

グンダさんは青春を騎士訓練に捧げてきたのでイイ男の引き出しが少ないのです(笑)


>ウロさん

>この孤児院いいなあ
ありがとうございます。
孤児院なのにここまで孤児達が顔見せしてなかったので慌ててカットを入れました(何)

クラヴィカスの仮面に限らず、デイドラのアイテムは面白い設定の物が多いです。
クエストの内容が強烈なのが多いので今まで本編に出せませんでしたが。
犬降ってきたりするし(笑)

グンダさんは確かBretonなんですが、デフォ種族はRenHeadより顔が崩れにくいので
表情つけさせるのが楽しいですw


>あまねさん

>「……誰ですかこれは」
その場に居たら言いそうです。的確すぎて吹きましたw

グンダさんはメイン編でレギュラーに入っていたら、むしろジョフリーと一緒に
マジェラに説教を浴びせる側の人間なんですが・・・
彼は間違いなく「仕事してる時はかっこよかったのに」と言われるタイプ。


>かにうまさん

何であんなに重いんでしょうね、あの仮面。
どんだけ美人になっても首が太くなりそうです。

>1枚目SS
人数が多すぎて本編に活かしきれてません・・・。
Modder様には頭を下げざるを得ないorz

医者はもうすぐ出てきます。しばしお待ちを。


>Nさん
彼女がマジェラと会話らしい会話をした機会は実際にも前話のあのシーン位なので、
ものすごい思い出補正がかかってるものと思われます。

本当は「ちょっと気になる男」程度だったのが終戦後に職場から姿を消して
殆ど会う機会が無くなってしまったので余計に意識したりしなかったり。

イメージ画像は彼のフェロモンというか、むしろグンダさんの妄想アドレナリンが
垂れ流し状態ですね(笑)

>カステットさん、さらに渋い色気が出てるような~
ありがとうございます。
個人的にも今までで一番イメージしたものに近い造形で制作できたキャラです。
ただ、ディードラ装備以外に似合う服がありませんが;;

最近になって気付いたんですが、彼が今着てる服って某パラノイアと一緒ですね(笑)
  1. 2010/04/23(金) 21:01:07 |
  2. URL |
  3. 天気輪 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirinsasidchemistry.blog47.fc2.com/tb.php/176-40c15fc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

天気輪

Author:天気輪
天気輪(てん・きりん)

PS3版をプレイ後、
PC新調を機に2009年6月から
TES4 oblivionを開始。

Twitter@Tengkiring


このサイトはリンクフリーです。

カウンター

Visit:

Now Online:

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
登場人物紹介 (4)
もくじ(RP小説) (3)
RP小説-メインクエ篇 (121)
RP小説-戦士ギルド篇 (15)
RP小説外伝-青鬼篇 (20)
RP小説外伝-しろメル篇 (11)
RP小説外伝-短篇 (2)
もくじ(自作MOD) (1)
自作MOD (20)
もくじ(その他) (1)
CS・ツール (20)
MOD紹介 (29)
他作MOD配布 (1)
Legend of Diva攻略 (5)
雑記 (53)
Fallout3/NewVegas (5)
他のゲーム (5)
戯言 (8)
事故創作 (1)
未分類 (0)

ブログ記事ランキング

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

Twitter

アンケート

無料アクセス解析

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。