TES4-輝輪酸紀行

PCゲーム「oblivion」のRP小説とMOD解説感想などなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【RP小説】青鬼は泣かない #3【外伝】

G1_3-1.jpg


「このフタ修道院の院長を勤めておりますシグニーと申します。
はじめまして、カステットさん」



そう言ってその女は、我に頭を下げた。


定命の者は歳をとる程顔に年輪が刻まれるというが、彼女の外見を見る限り
長、という割にはまだ若いと言って差し支えないだろう。
エルフ種だとすれば外見上だけでは判断できないが。












G1_3-2.jpg


「改めてご紹介しましょう。
 こちらの2人がシスターのクッカマリアとオレノア。
 鎧を着た女性はこの寺院の衛士を勤めるグンダさんです」


3人3様、それぞれに俺に挨拶を述べた。


「よ、よろしくです」


オレノアと呼ばれた修道女はどこか怯えながらおずおずと挨拶を述べた。


「・・・」


隻眼の鎧女――グンダは相変わらず睨み付ける様な顔で我を見ている。


よくある反応だった。

我らはドレモラ。
聞けば、破壊神の眷属である我らの姿は人間に恐怖や不快感を与え、意思の弱い者は
見ただけで魂を抜かれるとすら定命の者達に伝えられ、恐れられているという。
何らかの影響で姿形は変わってしまったが、定命の者にある種の畏怖を感じさせる
その本質までは変わらなかったのだろう。

軟弱な話だが、彼女達が警戒する様を見て、たとえ変貌しても我のドレモラとしての尊厳は
揺らがないという事に少しだけ安堵した。


だが―――。





G1_3-3.jpg

「よろしくお願いします」


スキャンプ女は相変わらず旧友にでも会った様な顔でにこやかに笑った。
何なんだ。こいつは。




G1_3-4.jpg

「―――この建物の住人はこれで全部か?」


気持ち悪い女だ。
―――クッカマリアの視線を無視して、我はシグニー院長に問いかけた。


「いいえ、ここは修道院であると同時に、孤児院も兼ねているのです」


G1_3-5.jpg

「私達はただの世話役。
ある意味あの子たちこそ、ここの真の住人と言えるかもしれないわね」

「・・・」


「ともかく、大事もなく無事に意識を取り戻されて何よりでした」



そう言ってシグニー院長は「ナインよ」と小さく呟いて、胸の前で印を切った。
その様を見て我は思わず顔をしかめる。


―――九大神の神官に救われるとは、なんという皮肉だ。


そう言えばミシックドーンも皆一様に同じローブを着ていたが、
この女達の装束もまた儀式的な物なのだろうか。
定命の者達は、権威的な物で身を飾るのが好きで仕方がない様だ。


我が不快に思っているのを悟ったのか、傍らに立っていた隻眼女がまた刀を抜きかけたが、
シグニーと名乗った女がそれを手で制すと、我を睨み付けながら忌々しそうに刀を納めた。
どうやらこの施設の長と言うだけの権威はある様だ。


「どうやら歓迎はされてない様だが、介抱してくれた事には感謝する」

「あなたが何者であろうと、当院ではみな神の名の下に平等です。
弱き者、貧しき者に恵みを分け与える事は豊饒の女神マーラの僕たる我々の使命ですから」

「・・・」



実際、ナイン・ディバインがこのやり取りを見たら同じ事を言うだろうか。
貴様達が助けた男はその神々と真っ向から対立している破壊神の従僕なのだが。






G1_3-6.jpg

ありのまま、今起こった事を話そう。

『我はリスボーンしてデッドランドに帰還したと
思ったらいつのまにかタムリエルに降りていた』

何を言ってるのかわからないと思うが、
我も何が起こっているのかわからなかった。






G1_3-7.jpg

その上、顔の形まで変わっていたのだ。
かつての岩の様に精悍な顔立ちや燃える様な赤い肌といったドレモラの誇りは微塵も残されていなかった。
かろうじて2本の角が原型を留めている事が救いだろうか。

その為に、あのスキャンプ女―――クッカマリアは我の事をダークエルフの眷属と勘違いしているらしく、
どうやら他の者達にもそう説明している様だ。
(よりによってあの呪われた血族と一緒にされるとは!)

まったくもって不遜である。
ただでさえこの世界の味も色も無き空気は不愉快だというのに。

礼は述べた。
早くここから立ち去ってデッドランドへ帰還する方法を探した方がいいかも知れない。


「話はシスター・クッカマリアから聞きました。
当院は本来は男子禁制ですが、前例もあります。
あなたの療養が済むまでここでの滞在を許可しましょう」



・・・今何と言った?


「院長!」

「グンダさん、院内では静かに」



隻眼女が叫ぶのをシグニーは嗜めたが、女は構わずわめき立てた。
…こいつはスキャンプ以上にうるさい。


「こんな野蛮人を院内に入れる気ですか!子供たちの安全を保障しかねます!」

「だから貴女が居るのでしょう、グンダさん」

「そういう問題ではありません!こいつは自分の事をドレモ」

「わーーーっ!」



スキャンプのかなきり声を聞いて、一堂が一斉に声の主を振り返った。





G1_3-8.jpg

「・・・わ、ワインはやっぱりスリリー兄弟ですよねっ」


…何を言ってるのだろうかこの女は。


「とにかく」


コホンとひとつ咳払いをしながら、シグニー院長が口を開いた。


「クッカマリアのお話ではカステット氏は故郷への帰り道を忘れて路銀もなく、お困りだそうです。
聞けばお身体の具合も芳しくないとか。
例え山賊であっても弱っている者を見捨てる事は当院の方針として看過することは出来ません」

「院長・・・」

「ここはクラウドルーラーではなく、ただの寺院なのよ、グンダさん。理解して頂戴。
カステット氏も遠慮せずに、旅の疲れを癒して下さい。
もっとも、男手のない場所ですから、こちらから貴方にお願いする事もあるかもしれませんが」

「見返りは要求するという事か」

「強要はいたしません。ただ、殿方としてもその方が心苦しくないかと」

「・・・ふむ」



姿形が変わった為か、確かに身体がいつもと勝手が違うのは間違いなかった。
何か行動を起こす前に、身体を休める場所を得られるのは悪くは無い提案の様にも思える。

―――何より、デッドランドに帰還を果たす為の情報が必要だった。
定命の者達に頼るのは遺憾ではあるが、人間達の世界に無知のまま当てもなく探すよりは
何故か友好的なこの女達から知識を得る方が賢い選択と言えるだろう。

非友好的な識者を探し回って情報を吐くまで指を刎ねて回るよりは効率的に思える。


・・・そう、我の中で依然として疑問のまま残っている事もあった。
何故、友好的なのか。
鎧女を見る限り我を招き入れる事が不和に繋がるのは明白の筈だが。






G1_3-9.jpg

「よろしくお願いしますね、カステットさん」


そんな事を思案している我をよそに、スキャンプ女・・・クッカマリアはそう言って笑った。




だから、なんなんだ。






その―――無防備さは。
















注釈





●フタ修道院

Vanillaには存在しない施設です。MODで追加される建物。
MOD名がfuta prioryなので安易にフタ修道院としていますが本当の読みはどうなんだろ。


●よりによってあの呪われた血族と~

ダークエルフ達の祖先は、古い盟約を破り神具の力で神の力を得ようとしたため
その裏切り行為に激怒したディードラの女神アズーラによってその姿を変えられてしまいました。
彼らの赤い瞳と青黒い肌はその時の呪いによるものと言われています。

デイゴンの僕である彼らがアズーラ様に怒られたダークエルフを特別邪険にするかどうかはともかく、
ディードラ神に不興を買った愚か者という認識はあるかもという妄想。



●ワインはやっぱりスリリー兄弟

オブリで個人的に残念なのは、ワインの味が効果や値段では分かり辛いという事です。
あれだけ本があるのだからワインの専門書くらいはあっても良かったのでは…。

スリリー兄弟に特に他意はないです。語呂が良かったので。
どんな人たちなのかは気になる所ですが。


●シスター

実際、オブリで神職っぽい格好してる人達ってウェイノン修道院の面々くらいなので
ここまでキッチリシスターっぽくするのもどうかと思ったんですが、わかりやすさを重視しました。
せっかくフード装備見付けたので被らせたいというのも(笑)

各街の教会の人達を見る限りでは教会の女性はもっとフランクな格好をしてるので
タムリエルの修道士は本当はもっと気さくなのかもしれません。



使用MOD

●修道院 futapriory x117race v0.5b

動作にはBP2ch、x117Race、OBSEv0016以上が必要です。

BP2chの変わりにMBPでも動作します(多少NPCの顔が変わるかもしれませんが)
MBP++とx117Race++でも動作します。
その際はFutaPriory.espにマスター指定されているx117Race.espを
Wrye Bashなどでx117Race.esmに変更して下さい。

元はOBLIVION SS/MOD晒しスレ テンプレウィキにある修道院_futapriory0.3がオリジナル。
帝都の西側に修道院が追加されます。

内装はウェイノン修道院に良く似ていますが、こちらの修道院はたくさんの女性達が住んでおり、
独自のAIを持って生活しています。
また、宿屋代わりに利用する事も出来ます。
家主(?)のSignyと交渉する事で家として利用する事も出来ますが、同居する為には
プレイヤーが女性である事が必要です。



で、本MODは通称「孤児院」の名前通り、住人が全てx117Raceに変更されています。
(ver0.5bから管理人?のSigny氏のみHumanに変更されました)
また、宿屋に泊まれないバグや全体的なスクリプトの見直し、
顔二重バグへの対応など細かい部分の改善もはかられているという点もポイントです。


本MODならではの装備が販売されている訳でもなく、家としての機能性が高い訳でもありませんが、
朝は皆で聖堂に礼拝、昼は本館で授業(?)、夜は入浴、食事中も良くみると給仕役のNPCが
お盆を持って横に控えていたりと細かい所で「おっ」と思わせる演出も多く、
ストーキング人間観察が好きな人には見所も多いです。
帰宅して家に誰もいないのが寂しい人にもオススメかも。

今回シナリオの構築にあたって一部NPCの外見や服装を大幅に変更したため、
本MODとは異なる部分が多数存在します。
また、NPC等の詳しい設定なども特に公表されていないため、性格付け等は創作しています。
あらかじめご了承下さいm(_ _)m


その他の使用MODについてはまた追々。

スポンサーサイト

テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

  1. 2010/03/01(月) 19:47:29|
  2. RP小説外伝-青鬼篇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<【RP小説】青鬼は泣かない #4【外伝】 | ホーム | 【RP小説】青鬼は泣かない #2【外伝】>>

コメント

もしかしたらフュータ修道院かも知れませんね、あとスリリー兄弟はウッドエルフ3馬鹿の一人、グラルシルのターゲットですw
  1. 2010/03/01(月) 20:26:25 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. [ 編集 ]

まさに天使のような修道女さん
無防備だけど全てを知っているかのような頬笑みが。。
クッカマリアさんを困らせたらSignyさんに怒られそうw
shy.jpn.phは現在shy.jsphr.netになってますよん♪
  1. 2010/03/01(月) 22:52:33 |
  2. URL |
  3. かにうま #3IP1WHPs
  4. [ 編集 ]


クッカマリア嬢は承知の上、なんですね。
futaprioryが修道院にクラスチェンジしていたとは知りませんでした
早速チェックせねば。

「我はリスボーンしてデッドランドに帰還したと
思ったらいつのまにかタムリエルに降りていた」
ちょwww って感じでしたw
まさかカステット様の口からこんな台詞が出ちゃうとは!

  1. 2010/03/02(火) 22:38:32 |
  2. URL |
  3. ウロ #-
  4. [ 編集 ]

シグニーと言うと、アヴンィルの売春婦を思い出します。
(日本語名“家庭を滅ぼすシグニー”)
  1. 2010/03/03(水) 13:36:34 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>名無しさん

そっちの読みかもしれないとも思ったんですが、サーセンとかテレピとか
アイレイド系の遺跡もちょっと変わった名前が多かったので「フタもアリか」
ということで素直にフタと書くことにしました。
実際の発音はどうなんでしょうね。

スリリー兄弟はスキングラードの人達だったんですね。
そういえば重量0のフード目当てに彼らの寝込みを狙った覚えが…


>かにうまさん

リンク修正しておきました。ありがとうございます。
最近某所の過去ログからSHY関係のリンク踏むとつながらない事が多かったので
疑問に思ってたのですが・・・アドレス自体変わってたんですねorz

今回の話はfuta Prioryを見てそういえばオブリで聖職者の人に絡む機会って
少ないなーと思い書き始めました。シスター達がどうなっていくかは追々ということで。

オブリらしからぬ展開も多く出てくると思いますが温かい目で見守って頂ければm(_ _)m


>ウロさん

本家、x117Raceバージョンともにシスター服は付属してません。
今回登場したキャラについては全員デフォルトから顔・種族を変更してあります。念の為。

x117Race版はスクリプトを見直した関係でCSRやMCSとの親和性が高くなっているとの事なので
SS撮影に使うにはこちらの方が向いてるかもしれません。


>ジャン=ピエール=カステット

本人は素で発言しています。何かのパロディに見えるのは書いてる人の悪癖です(笑)

お察しの通り、今回はタムリエルに堕ちたドレモラ、カステットと修道女クッカマリアが
中心の話になります。
オリジナル展開という事で試験的な要素も色々織り交ぜつつ…

前回は状況解説、今回は登場人物の顔出しで終わりと非常にテンポ悪く進んでますが、
最後までお付き合い頂ければ…。


>名無しさん

アンヴィルの例のクエストですね…そういえばそんな人もいましたね;
  1. 2010/03/03(水) 20:53:40 |
  2. URL |
  3. 天気輪 #-
  4. [ 編集 ]

スリリー兄弟はグラルシルを悪く言わないんですよねぇ。静かに生活してる人だ、みたいな感じで。
私はやつのOverHere!のセリフのせいで、別ゲーでも映画でもこのセリフが苦手になりましたがw

カステッドさん、人間種族にしても渋いおじさまになりそう。
孤児院のおこちゃま達にやたら懐かれそうな予感です。
修道女さんと禁断の恋!とかワクワク。
でも悲劇に終わったら可哀そうだなぁ。
などと勝手に妄想させていただきました。
  1. 2010/03/04(木) 23:01:05 |
  2. URL |
  3. N #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>Nさん

グラルシルも電波受信するまではフツーのヒトだったんでしょうねぇ。
おとなしい人が凶行に走って「まさかあの人が」なんて近所の人に言われちゃう
犯罪が横行している最近の切ない世情を予言していたかの様です。

今まで若いキャラしか作ってなかったのでカステットの作成は新鮮でした。
RenHeadを使用しているのでVanillaのオヤジ共とはまた違う印象になったと思います。

恋愛路線に行くのか行かないのか。フラグだけは立ちまくってますが
今は書きながらキャラを固めてるのでどうなる事か(笑)


  1. 2010/03/05(金) 22:13:22 |
  2. URL |
  3. 天気輪 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirinsasidchemistry.blog47.fc2.com/tb.php/168-2a96a229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

天気輪

Author:天気輪
天気輪(てん・きりん)

PS3版をプレイ後、
PC新調を機に2009年6月から
TES4 oblivionを開始。

Twitter@Tengkiring


このサイトはリンクフリーです。

カウンター

Visit:

Now Online:

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
登場人物紹介 (4)
もくじ(RP小説) (3)
RP小説-メインクエ篇 (121)
RP小説-戦士ギルド篇 (15)
RP小説外伝-青鬼篇 (20)
RP小説外伝-しろメル篇 (11)
RP小説外伝-短篇 (2)
もくじ(自作MOD) (1)
自作MOD (20)
もくじ(その他) (1)
CS・ツール (20)
MOD紹介 (29)
他作MOD配布 (1)
Legend of Diva攻略 (5)
雑記 (53)
Fallout3/NewVegas (5)
他のゲーム (5)
戯言 (8)
事故創作 (1)
未分類 (0)

ブログ記事ランキング

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

Twitter

アンケート

無料アクセス解析

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。