TES4-輝輪酸紀行

PCゲーム「oblivion」のRP小説とMOD解説感想などなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【プレイ日記86】 静かなる悪意 【Paradise #3】

やさしい陽の光の下を黙々と歩く。
幻想的な程美しいこの世界で緊張を保つのは骨が折れる。

魅入れば心を奪われる。解っていながらも目に見える情報と
頭で解っている情報にこれだけ差異があるとうっかり気を抜いてしまいそうだった。

しかしそんな杞憂も次の瞬間には打ち消される事になる。





86-01

「こんな場所でもキッチリ居やがるんだな…」

「ここが彼らの本拠地なのは間違いないみたいですね」



しばらく歩いた後、俺達は人間を襲っているデイドラと遭遇した。
赤くない世界で連中と出会うのは妙な違和感があったが、ここにいるのは
今まで戦ってきた相手と同じ連中なのだという事を改めて再認識する事が出来た。



86-02

「大丈夫か?」

斬り捨てたデイドラから目を移しながら、俺は先程まで襲われていた男に話しかけた。

裸なのは何処からか逃げてきたせいだろうか。
助かったにも関わらず、男の顔には何故か戸惑いの色が浮かんでいた。


「わざわざここまで来たのか!あなたが来なくても私はもう充分苦しんでる、勘弁してくれ!」

「あん?」

「わ、私達に構わないで下さい。あなたの敵は私達のような愚か者ではなくて
マンカー・キャモランの筈ではないですか?」

「・・・どういうことだ?」















***














86-08

「あんたもミシックドーンの信者なのか?何でデイドラに襲われるんだ」


恐慌に陥っていた半裸の男をなんとか落ち着かせて、俺達は事情を聞きだした。

男の話によれば、この世界の住人たちは皆ミシックドーンの殉教者らしい。

教団の大願の為に散った者は死後楽園へ召され永遠の命を約束される、というのが彼らの教えだ。
その為ミシックドーンの団員達は命を惜しまず戦うのだが、それはただの洗脳ではなく、
現実であったという訳だ。


「そうして我らは不死身となった。定命なき者達、ディードラと同じ様に。
…だが人の身にとってそれは終わりのない苦痛でしかなかったのだ」


男は吐き捨てる様にそう言った。

「キャモランの理想とはまさしく選民思想だった。
強き者は更に上のステージを目指せるが、そうでない者はこの庭園に住むデイドラ達に
永遠の責め苦を強いられる。私達は不死身であるが故に殺されてもまたすぐ蘇り、
同じ事を繰り返さなくてはいけないのだ」

「ひどい話だ…」



どうやら『キャラモンの』楽園は普通の人間が思い描く『楽園』とは天地ほどの差がある様だ。
彼らもいくら自業自得とはいえ、ひどい話ではあった。


「それで、マンカー・キャモランは何処に?」

「ケイラック・アガイアロアに行くのですか。あそこへは禁断の小洞窟を通らなければいけません。
この野蛮な楽園からの唯一の出口です」

「禁断?何かあるのか」

「そう呼ばれているだけで、詳細は私も知りません。屈強な門番が居る為に
まともな人間は近付きすらしないでしょう。最も、私達がまともかどうかは怪しいところですが」















***

















86-03

「楽園どころか無間地獄か・・・」

自業自得と言ってしまえばそれまでだが。
永遠の命なんて物を本気で信じ込むミシックドーンの信者達以上に、
マンカー・キャモランという人物は狂っている様だった。

不死を与えた上に、地獄まで作り上げるのだから。


「マンカー・キャモラン…奴は何をしたいんだ?」

「何の理由があるにせよ、私達とは相容れないでしょうね」

「ここが奴にとっての『楽園』だって言うなら、そうだろうな」



少なくとも死んでここに来る位なら貧しくても生きてる方がまだマシだ。


「死んでも生き返らせられて延々と戦わなきゃいかんとか…身がもたんわ」

「まるで、今まで戦ってきたドレモラ達みたいですね」

「…ドレモラか」







77-05

オブリビオンの領域のひとつ、デッドランドの住人にして破壊神メイルーン・デイゴンの眷属。
永遠の命を闘争と殺戮の為に費やす彼らにとっては確かに楽園に違いない。
デイゴンを崇拝しているキャモランにとって、彼らの様な生き方が理想なのだろうか。

正直、理解できないが、彼の望む世界があのオブリビオンの中と似たような過酷な世界で
ある事は間違いない。
…エキドナの言う通り、相容れることの出来ない相手なのは間違いなかった。
多くの人々を犠牲にして、ドレモラになりたいと言うのなら。
















「…なぁ、アンタはどう思う?」

「どうしたんですか、急に立ち止まって。それに誰に話してるんです?」






86-04

エキドナは怪訝そうに俺を見た。
俺の話している相手は目の前にはいなかったからだ。

だがここは楽園。
この世界のマナの異様な密度は、俺の第五感、六感までも鋭くしている様だった。


「聞いているんだろう、出て来いよ」














86-05

つい先程から…いや、この世界に来た時から、強烈なプレッシャーを感じていた。
ここが連中のテリトリーだから余計そう感じるのだろうか。
奴のその身に抑えきれない闘気はずっと俺を挑発し続けていた。















魔法の扱いに長けたエキドナでさえ気付かなかったとしても、俺が気付けない筈は無かった。
忘れようもない、あの圧倒的な威圧感。
それが志向性を以って俺に注がれていたのだから。















「来たか。我が永劫の半生が一瞬と思える程の長い時間だったわ」















86-06

がしゃり、と。
奴が踏み出した拍子に響いたその鎧の音だけで、周囲の空気が一辺した気さえした。
















「待ちかねていたぞ。外なる世界の者にして定命なる者どもの英雄」















86-07

突然、それまでずっとそこに居たかのように。
永遠の命を戦いに捧げてきた武人の体現、闘争の権化が俺たちの目の前に立ち塞がっていた。




























注釈



●楽園と信徒

ほぼ原作準拠。
この世界の住人は殉教もしくは直接楽園に連れてこられたミシックドーンの信徒たちです。

彼らはこの世界ではディードラ達と同じ不死者となるものの、能力は生前と変わらないため
庭園に放たれているデイドラに死ぬまで追い掛け回され続けます。
死んでも再び生き返る(リスボーン?)するため、永遠に殺され続けるという地獄。
無限ループって怖くね?と言わざるを得ない。


●デイドラ?ディードラ?

デイドラはコンシューマ版、ディードラは日本語化MODしとしん版の表記。
慣れ親しんだ「デイドラ」もいいし、「ディードラ」という字面の響きも素敵なので何となく両方使ってたのですが、
今後はスキャンプなどオブリビオン界に棲息しているモンスターを「デイドラ」、
ディードラ神や、またディードラ神、モンスター、ドレモラ全てを内包する広義の意味で呼ぶ場合
「ディードラ」という表記にしていこうかなと思います。なんとなく。

多分その内また曖昧になってくと思うのであまり気にしないで下さい(何)
発音を聞いてると「ディードラ」の方が近いようですが。

Daedraとは本来はスキャンプ等オブリビオン界の下等モンスターを指す言葉で、
ドレモラやディードリック・プリンス(ディードラ神)を含まない事が多いとのこと。
ややこしい。


●ドレモラ

オブリビオン界・Mehrunes Dagonの領域の住人達。タムリエルでいう所の人間やエルフのポジション。

人間、エルフ等ヒト種      ⇔ ドレモア
ゴブリン、オーガ等モンスター種⇔ スキャンプ、デイドロス等
王侯貴族、九大神        ⇔ ディードラ神(=ディードリック・プリンス)

…といった図式でしょうか。
ちなみに彼らはMehrunes Dagonの領域のみに住む種族で、他のディードラ神たちが納める
オブリビオン界には基本的には棲息していない。
(シヴァリングアイルズには代わりにGolden Saintsという種族がいるとか)

種族的な傾向として残忍かつ攻撃的なものの、騎士道も併せ持っており、
強い者に対しては種族の別なく評価する傾向があるとの事。
見た目といいどうみてもプレデターです。本当にありがt(ry

莫大な寿命の殆どを闘争の為に費やし、そのための修練を惜しまないという設定は
天気輪による後付けです。

彼らなりの文化を持ってる様なのですが、日本語の資料が乏しいので…
俺より強いヤツと戦いたいサイヤ人みたいな連中なのかなーと考えてます。
寿命が永遠な分、命のやりとりに対する意識はもっと薄そうですが(^^;

定命の者をバカにしてる割に召喚術を高レベルまで鍛えると呼び出せる様になるので、
黙って使役されてる辺りこの人達は戦えれば何でもいいんじゃないのかと(笑)

余談ですが、CSでマーティンのステータスをのぞいたら…クラスがなんとConjurer(召喚士)でした。
修道士ならメイジとかモンクじゃないのかと。
元不良魔術師だったせいでしょうか。


スポンサーサイト

テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/09/19(土) 21:48:15|
  2. RP小説-メインクエ篇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【プレイ日記87】 宿敵、再び 【Paradise #4】 | ホーム | 【プレイ日記85】 魔人の棲家 【Paradise #2】>>

コメント

誰にとっての楽園なのかって感じですよね~

なんと!
マーティンは召還士でしたか!
  1. 2009/09/20(日) 19:23:03 |
  2. URL |
  3. かにうま #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし


>かにうま様

マーティン以外は確認していませんが、他にもこのキャラはこのクラスなのか!というのは結構
あるかもしれません。
CSは色んな発見がありますね

誰の為の楽園か…は、追々明らかにされていく…筈です(笑)
  1. 2009/09/22(火) 01:03:55 |
  2. URL |
  3. 天気輪 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirinsasidchemistry.blog47.fc2.com/tb.php/110-4d781f6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

天気輪

Author:天気輪
天気輪(てん・きりん)

PS3版をプレイ後、
PC新調を機に2009年6月から
TES4 oblivionを開始。

Twitter@Tengkiring


このサイトはリンクフリーです。

カウンター

Visit:

Now Online:

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
登場人物紹介 (4)
もくじ(RP小説) (3)
RP小説-メインクエ篇 (121)
RP小説-戦士ギルド篇 (15)
RP小説外伝-青鬼篇 (20)
RP小説外伝-しろメル篇 (11)
RP小説外伝-短篇 (2)
もくじ(自作MOD) (1)
自作MOD (20)
もくじ(その他) (1)
CS・ツール (20)
MOD紹介 (29)
他作MOD配布 (1)
Legend of Diva攻略 (5)
雑記 (53)
Fallout3/NewVegas (5)
他のゲーム (5)
戯言 (8)
事故創作 (1)
未分類 (0)

ブログ記事ランキング

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

Twitter

アンケート

無料アクセス解析

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。