TES4-輝輪酸紀行

PCゲーム「oblivion」のRP小説とMOD解説感想などなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【RP小説】青き歌姫と白い太陽 #11【外伝】

G02_11-01.jpg

「メルーがさらわれた?」

「はい、突然屋敷に押しかけてきて、エシュター様がやられて、だんびらくろ様がやって来て」



落ち着け、とホワイトサンは口と一緒に手足を一生懸命動かして説明するレンをなだめた。


「だんびらくろ様って誰だよ。ゆっくりでいいから順を追って話せ」

「これがゆっくりしてる場合ですかッ!!っていうか何でそんなに落ち着いてるんですか!
メルー様がさらわれたんですよッ!?今は何処にいるかも分からないのに」

「居場所なら分かる」

「・・・え?」

「ブルーマでアイツが急に居なくなった時の話はしなかったか?」





続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

  1. 2014/08/14(木) 11:43:05|
  2. RP小説外伝-しろメル篇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【RP小説】青き歌姫と白い太陽 #10【外伝】

G02_10-01.jpg

「もう一度、謳(うた)ってくれないか」

「・・・ええ、そうですね。私も、私もそう思います。このままではただ逃げてるだけ。
それに、私もあの世界が、皆さんが好きです。確かに今は幸せ、ですが・・・」

「何だ?」

「・・・『謳いたいんじゃないか』とは聞かないんですね」

「あん?」

「しろサンと一緒に居て、カジートも注意深く見ればとても表情豊かなのだという事に気付きました。
貴方がとても思慮深い人だという事も」

「だから、何の話をしてるんだ?」

「しろサンは本当は私に謳って『欲しい』のではなく、謳っても『いい』と、おっしゃって居るのですね?
貴方は人の背中を押す時でさえ、責任を人に押し付けない。とても優しい人」

「・・・このままタムリエルを見過ごす事は出来ねえ。そんだけだ」

「私がそう思っていたのに。また、私の言葉を取るんですね」

「お前の考えてる事なんて知らねえよ。自意識過剰なんじゃねえか?」

「だって、しろサンの台詞とは思えません。もっと利己的な人だと思ってましたけど?」

「・・・言うようになったじゃねぇか。覚悟は出来てるんだろうな?」

「ええ、出来ました。ありがとう、わたしの太陽」

「――」

「私、謳います。私を信じてくれた皆さんの為、そして自分の為に。そして、あなたと生きていく為に」





続きを読む

テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

  1. 2014/06/02(月) 23:15:18|
  2. RP小説外伝-しろメル篇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

【RP小説】青き歌姫と白い太陽 #9【外伝】

G02_09-01.jpg

「あ、おかえりしろサン」


扉を開いた人影から、馴染み深い気配を感じてメルセデスは言った。



が、その姿を見て、メルセデスの顔に疑問符が浮かぶ。


「しろサン・・・?」




続きを読む

テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

  1. 2014/05/25(日) 15:13:20|
  2. RP小説外伝-しろメル篇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

【RP小説】青き歌姫と白い太陽 #8【外伝】

G02_08-01.jpg


「・・・ねぇ、しろサン」

「うん?」

「“礎歌”の力のおかげでみんなを助けることが出来ました。それは後悔してません。
けれど、不必要になったこの“力”を、未だに持ち歩いている自分が、少し怖いんです」

「お前は大丈夫だ」

「マルクス卿のご子息の事を覚えていますか?」

「シレーナをかっさらったあの変態貴族のことか?」

「『貴族の息子である』という力を持っていた事が、彼を凶行に走らせた、とは思えませんか」

「・・・まぁな。アイツは一人じゃ何も出来ない奴だったしな」

「人は追い詰められた時、何をするか分かりません。そこに『力』があれば、禁忌を犯すことも厭わない。
こうして帝国の人たちに追い込まれている今、私もいつか恐ろしいことをしてしまいそうで
――みんなを助けたこの力を、酷い事に使ってしまうかもしれない。そんな気がして」

「お前はアイツとは違うよ」

「ううん。彼がちょっと位の高い家柄の出身だったのと同じように
――私も、少しだけ特殊な魔法の扱いが出来るだけの、ただの女の子なんですよ?」

「・・・」

「・・・ただの女の子なだけで、良かったのに」





続きを読む

テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

  1. 2014/04/16(水) 22:19:58|
  2. RP小説外伝-しろメル篇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【RP小説】青き歌姫と白い太陽 #7【外伝】

G02_07-01.jpg


「帝国の追手は撒いたみたいだ。今日はここで休もう、屋根がなくて悪いが」

「ううん、野宿は好きですから。空が広くて」

「そうか」

「・・・ごめんなさい。こんな事になってしまって」

「欲の皮が突っ張った連中に目を付けられただけだ。お前が悪い訳じゃない。
連中、“礎歌の一族”が役目を終えた途端にこれだ」

「あのまま捕まっていた方が、良かったんでしょうか」

「カゴの中の生活に戻りたいと本気で思ってるのか?お前の一番嫌いな」

「・・・」

「思ってもない事を口にするもんじゃねえ」

「けど、そのせいでしろサンに迷惑が――」




「『助けて』って言えねぇ奴にはカボチャの馬車は来ねぇんだよ」

「え?」

「手を差し伸べるのは魔術師の勝手だ。声を上げられる奴は、助けられていい」

「・・・ありがとう」

「・・・」






「・・・くしゅん」

「寒いのか」

「いいえ。こうしてれば」

「そうか」

「毛布みたいです」

「・・・捕まったらそうなるかもな」

「あ、ごめんなさい!そういうつもりでは」

「どうだろうな」

「その、そういう事が言いたいんじゃなくて、暖かくて!えと、毛皮的な意味ではなく!」

「そうだろうよ」

「あの、ごめんなさい!ホントにそんなつもりじゃ!」

「・・・くっくっく」

「もう!そうやって人をからかって!」

「元気出たか?」

「・・・もう」







「・・・ホントに、あったかいんですよ?」

「うん?」

「おひさま、みたいに」





続きを読む

テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

  1. 2014/02/11(火) 20:56:02|
  2. RP小説外伝-しろメル篇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

天気輪

Author:天気輪
天気輪(てん・きりん)

PS3版をプレイ後、
PC新調を機に2009年6月から
TES4 oblivionを開始。

Twitter@Tengkiring


このサイトはリンクフリーです。

カウンター

Visit:

Now Online:

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
登場人物紹介 (4)
もくじ(RP小説) (3)
RP小説-メインクエ篇 (121)
RP小説-戦士ギルド篇 (15)
RP小説外伝-青鬼篇 (20)
RP小説外伝-しろメル篇 (11)
RP小説外伝-短篇 (2)
もくじ(自作MOD) (1)
自作MOD (20)
もくじ(その他) (1)
CS・ツール (20)
MOD紹介 (29)
他作MOD配布 (1)
Legend of Diva攻略 (5)
雑記 (53)
Fallout3/NewVegas (5)
他のゲーム (5)
戯言 (8)
事故創作 (1)
未分類 (0)

ブログ記事ランキング

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

Twitter

アンケート

無料アクセス解析

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。